« NAKAGAWA音楽祭! | トップページ | きょうだい »

2018年6月17日 (日)

里山暮らし その1

またまたまたまたあっという間に時は過ぎ、
5月はブログ書きそびれてました(笑)

忙しかったような、そーでもないような、

FacebookやらInstagramやらには投稿していましたので、それなりに発信している気にはなっておりましたが、

文章を書く、心の余裕が無かったんです…。



この地に戻って、5月で4年が過ぎました。

相変わらず、地に足は付いておりません(笑)

なんとか日々をこなし、仕事と親の世話をこなしながら、

地元の婦人会の係になったり、日々生い茂ってくる雑草と(たまに)戦いながら過ごしております。

癒されるのは家の前からのアルプスの眺め。


4月末はまだこんなだったのに


今やすっかり夏山です。
こんな景色を毎日見られるのも、幸せなことですよね。



昨日、フクちゃんと散歩中に、フクちゃんが突如何かの臭いに反応して、草むらに突っ込んで行きました。

ふと見ると、猿の死骸でした。

顔は見えませんが、大きさと色と、よく猿たちが登っている電信柱の脇だったので、多分感電した猿ではと思います。

突進するフクちゃん。怖いもの見たさでそお〜っと見る私。

毛の塊。無機質な物体。生きていたもの。


今朝、旦那が行った時もあったそうです。

ところが夕方、フクちゃんと見に行ったら、

死骸が消えていました。

近くで野良仕事をしていた旦那に言うと、沢山の猿の鳴き声を聞いたとのこと。

仲間の死を悼んで猿が集まったのでしょうか?

そして、どこかに運んだのでしょうか?

それとも、まだ生きていないか突いているうちに、斜面を滑り落ちてしまったのでしょうか?

家の屋根にも登って騒ぐわ、畑は悪さするわ、普段は厄介な猿軍団ですが、

もしも本当に死んだ仲間の所に集まっていたとしたら、

これからは簡単に石を投げられません(笑)



お前も、家族になってからもう4年。

噛まれたり、色々あったけど、

一緒に居てくれてありがとね。

フクちゃん。


|
|

« NAKAGAWA音楽祭! | トップページ | きょうだい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/66841443

この記事へのトラックバック一覧です: 里山暮らし その1:

« NAKAGAWA音楽祭! | トップページ | きょうだい »