« 僕はフク | トップページ | 宣伝 »

2016年2月28日 (日)

これから介護に直面する方へ

今回 私は非常に多くのことを学びました。
もしも今回私が経験したことが誰かのお役に立てるならと、書き残しておきます。


病院を嫌がる父を在宅で看ることにしたときに、まず村の地域包括センターというところに相談しました。そして介護認定してもらうことからスタート。
要介護2。予後も良くないことから、看護師さんの資格をもっているケアマネージャーさんを紹介していただき、 父の主治医となった病院の看護師さんに訪問看護に来てもらう契約をし、 又電動ベッドを始め介護用品のレンタルを色々お願いし 、私が仕事で出てしまう曜日には、 村の介護施設のヘルパーさんに来ていただくようにし、とにかく、病弱で身体障害者の母と二人きりにならないように体制を整えました。
自宅で一人での入浴は難しくなったので、デイサービスに行ってお風呂にいれてもらう日も作りました。そしてその日は、家族の休息日でもあったのです。

地域柄なのか 、または 需要があまりに多いせいなのか、 手伝うために来てくれていた スーパーヘルパーの叔母が、「 本当にここら辺は福祉が充実しているね」 とびっくりしていました 。特に 主治医の先生と訪問看護で来てくださっていた看護師さんとの見事な連携プレイ!!先生に診ていただかなくても、看護師さんからの情報で先生がいろいろ指示を出して下さり、父の痛み止めの処方もして看護師さんが届けてくださるという、まったくありがたいシステムでした。
またもう、看護師さんもヘルパーさんも素敵な人ばかり!
私なんかのことも心配してくださってわかってくださって…癒されました。

父をよく看てくださった看護師さんが、父の旅立ちの朝の支度には来れなくて、でも一時間後くらいに駆けつけてくださって、彼女の顔を見た瞬間、私は抱きついて泣きました。「お疲れ様!本当によく頑張ったね」と私に、「横前さん、本当にありがとうね。また、どこかで会おうね。」と父に。今までどれだけの患者さんを看てきたんでしょう。何人の旅立ちに携わってきたんでしょう。
もう、観音様に見えました。

今やもう良い想い出ですが、 思い返せば 本当に大変な日々でした。 それでも乗り越えられたのは、 こういった周りの人たちの助けがあったからなんです。

何度か家族に「お父さんをもう入院させて」 と言われました。 もちろん私の体を気遣ってくれたからこその発言です。 でも 、私はどうしてもそれはできませんでした。なぜならば、世話する度に父が「ありがとう」って 感謝してくれて、それが自分にはこの上ない喜びだったから。 そして しんどい私をちゃんとサポートしてくれる看護師さんヘルパーさんが居たからです。

完全に自己満足ですが、父が家で旅立てたこと、最後まで近くに居させてもらえたことは、一生の宝物です。

お勧めですよ、田舎暮らしと在宅看護。


|
|

« 僕はフク | トップページ | 宣伝 »

コメント

私も実は医療関係者なのですが、ブログを拝見させていただき、勉強になりました。今は在宅看護に積極的に関与していくことが求められておりますが、私はまだまだその中には入っていけておりません。
また、実際に在宅看護を受ける家族に自分は将来なる立場でもあるので、貴重な体験談をもとに今後考えていきたいと思います。
お体にお気をつけてお過ごしくださいね^^

投稿: しろねこ | 2016年3月12日 (土) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/63277595

この記事へのトラックバック一覧です: これから介護に直面する方へ:

« 僕はフク | トップページ | 宣伝 »