« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の3件の記事

2015年10月21日 (水)

注射

再び入院中の父。

今回は、高血糖と高熱によるもの。

癌だけでなく、糖尿病やらパーキンソン病やらもある父は、

自分で朝晩インシュリンを注射していたのだが、認知症も最近進んで来たために、

ちゃんと注射出来ていなかったようなのだ。

微熱もずっと下がらないけれども、本人は至って元気で、

毎日のように「誰か迎えに来てくれ」と電話をよこすし、

病院に行けば、普段着で鞄に荷物を積めて待っている(笑)。

ただ、今回の入院で、認知症がかなり進んでしまった。

退院後にまた大変な日々が待っている。


で、退院後はインシュリンの注射を主に、私がやることになった。

今、看護士さんの指導のもと、病院で練習をしている。

血とかが苦手な私(涙)

でも、やらねばならない。

父ちゃんの腹をつまんで、針を刺さねばならない。

ふいーーーー💧

一方、毎日、体が痛い、辛い、何もできない、とイライラする母。

父ちゃんに色々頼んでやってもらってたので、その人がおらず、私達は忙しそうに飛び回っているため、

頼み事ができない。

ストレスの捌け口の私。

ふいーーーー💧


ここまで大変なことになるとは、正直思っていなかった。

両親のもとに帰ることは、末っ子の私にとっては甘えもあっただろう。

自分のイライラも父ちゃん母ちゃんだとストレートにぶつけてしまう。

マイナスの思考の連鎖。


そんな私でしたが、看護士さんや数人の経験者から本当に温かい言葉を聞き、

急に、ふっと、人の心が戻った感じです、今は。

私が笑わないと、相手も笑えない。

何の見返りも求めず、自分の人生の本当にたくさんの物を費やしてきてくれた両親。

笑みに包まれた記憶で送りたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年10月15日 (木)

タイムトリップ

自分が暮らしていた街に

17年ぶりに行った。

Kourien
京阪電車の「香里園」駅。

住んでいたのは、駅から徒歩15分のマンション。

毎日見ていたはずの景色が、記憶もかなりまばら。

こんなところに学校有ったっけ??とか、どこで曲がるんだっけ??あの沖縄料理屋はどこ??など(^^)

そして当時、ちょっとアルバイトさせてもらった喫茶店におそるおそる行ってみたが、

つぶれず在った!!

家族経営のお店なんだが皆さん変わらずで、

それがすごく嬉しかった。


7月から、この旅は計画していた。

だから、父ちゃん入院してるのに大ひんしゅくだなとは思ったが、

むしろ次が分からないので強行した。

たった1年8ヶ月暮らしていた街。

そんなふうに、大学入学と共に実家を出てからまた実家に戻るまでの26年間で住んだ場所、なんと11ヶ所。

だが、それぞれに思い出があって、いろんなシーンが有って、

記憶はオーバーラップして、頭の中の映像がどの駅前の風景だかよくわからなくなり(笑)、

そして今の自分が有り…。

別に昔に戻りたい訳では無かった。

前を向くための旅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年10月 3日 (土)

スポンジ

たとえようが無いんだけど…

スポンジのよう、心が。
日々、見えない負の感情との闘い。
いくら潤いを与えても、すぐ絞られてカピカピ。

入退院を繰り返す父。

退院してくれてホッとするも、タバコ吸ったり、お医者さんの言いつけをきけなくてイライラし、

病院の付き添いのために自分の仕事に支障が出続けている私。

また別の病で痛みと闘い続けて38年の母の世話や愚痴も受けつつ・・・・

いっぱいいっぱい(笑)

すごく簡単なことで涙がこぼれるようになってしまった。

今日も、急遽入院になった父の付き添いの待ち時間、

病院の廊下を通るいろんな人を見てたら、

いたわりあっている親子がたくさん通って、

「ああ、あたしこんなんしてない、できない」

自分がダメなのを改めて情けなく思い、

涙が出た。



そう、今日また入院になった父。

「私も入院したい」そんなことをいう母。

うしろめたい気持を押し殺して、仕事に向かう。

泊まりがけで出かけなければならない仕事なんて、

すごく肩身が狭い。

でも、仕事、というか、

「歌うこと」を無くしたら、

私が死んでしまう。

レッスンの仕事でも、生徒さんと話して歌って、

どれだけ自分を保てていることか。

女嫌いのフクちゃんが、

めずらしくすり寄ってきて体を押し付けてくる。

この子も何か不安を感じているのだろう。

それとも私の不安を感じ取っているのだろうか。

そんなわけで、一個一個のステージ、

さらに魂込めて歌っていきたいと思います。

生きてるこの奇跡。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »