« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の5件の記事

2014年7月30日 (水)

夏本番

今日は一日病院三昧。

午前中は母ちゃんを乗せてリウマチ科、心臓内科をはしご。

午後は手首が痛いって言う父ちゃんを乗せて整形外科へ。

岩手の二戸金田一温泉へのマグナムズ初の人情エンタメJAZZ爆笑しりとりツアーの頃から始まった、

私の両腕の内側から小指にかけての痺れも、ついでに診てもらった。

混雑してた整形外科のおかげで、家に帰ればもう17時。

ひー、おまけに自分の痺れの原因さえ分からず、トホホ。


さて、今週末の日曜日、8月3日は、飯田市で歌います。

地元のミュージシャンお二人と名古屋からのミュージシャンお二人と共演します。

なんと、ギターの康野さんは、母ちゃんのリウマチ科の康野先生のハトコ!

今日も母ちゃんがチラシを見せて、営業してくれたらしいです(笑)。

いろんな出会いが繋がっていくのが本当に素敵 ♡。

お席に限りがありますので、来てくださる方、是非ご連絡ください。

美味しいビュッフェつきのお得ライブです!

予約状況は分かりませんが(笑)お待ちしております!!

Maitei

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月22日 (火)

究極の選択

A.大好きな美味しい料理を食べ、好きなだけ呑み、やりたいことだけやってあと半年の命

B.薄味で美味しくない料理を食べ、禁酒禁煙、やりたいことをいっぱい我慢してあと2年の命

どっちを選びます?

父ちゃんが最近煙草をこっそり吸い始めた。

酒と煙草は、お医者さんに禁止されているのだが。

家族は、少しでも長生きして欲しいと思う。

でも本人は、好きな事我慢してまで、ほんの少し生きながらえても仕方ないと言う。

命って、なんだろ。

正解、とかが無い事だけは、知ってる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月16日 (水)

父の帰宅

先週火曜日から始まった抗がん剤の服薬、

ものすごく心配だった副作用も今のところ無く、父はいたって元気。

様子を見るための入院生活だったが、

今日から家で普通の生活をしながらの抗がん剤服薬となった。

退院するにあたって、お医者さんから説明や注意を受けた父、

「おかげさまで、この良い薬を飲み出してからすごく調子が良いんです♪」

と言ってしまうくらい、

癌と抗がん剤の恐怖を理解してない(笑)。

さすがに家に帰って、酒を飲みたいともタバコを吸いたいとも言わないのはありがたいが、

自分の置かれている状況をわかっていないのが心配。

だが待てよ。
悲観的になったり落ち込んだりするより、身体にも良いかも。

このまま気付かないくらいに、痛みも副作用も出なきゃ良いな。

病は気から、だから、気持ちが病にならなきゃ良いな。

でも私も地元でのライブをいろいろ練ったり、

目の回る忙しさの中、

一日一日を楽しんでます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月10日 (木)

嵐の前に

8日朝、東京へ行って、昼はハモ検会議で夜は東京倶楽部。

泊めていただいたお家で朝の5時まで飲んでしまい;

朝のバスで帰ってその足で父の病院へ。

抗がん剤の服薬が始まって2日、今のところ何も変化はなく、

食べ物も美味しく、元気な様子に一安心。


久しぶりの東京倶楽部、

「久しぶり~。たまには何か連絡くれても良いじゃない?」と

マスターにねちっと言われたのもなんか嬉しく(笑)、

駆けつけてくださった多くの方々、

たまたま来たら私だった、けど最後まで見てくださったお客さま方と、

最強のメンバーに支えられて、

最高に楽しい時間を過ごせました。

Img_1478

Img_1483

Img_1486

Img_1488_2

Img_1479

Img_1480

なんと衣装は、その日にたまたま頂いたもの。

頂いた瞬間に気に入ってしまい、早速着させていただいたのです。

パンツにも合っていたし、何か運命を感じました。

ゆかりさんのピアノは美しく切れが良く寄り添ってくれ、

平岡さんのギターは、私に歌うべき道を照らしてくれ、

マツモニカさんはわくわくする素敵なハーモニカと面白トークで盛り上げてくれ、

ゲストのPJは、ここぞという時に助けてくれ、

最高です。

ミュージシャンのみなさん、「長野にいつ呼んでくれるの?」と言ってくださったので、

絶対、近々長野のみなさんに、父ちゃん母ちゃんに見せたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月 4日 (金)

父と娘

久しぶりのブログ更新になってしまいました。

いや、この一ヶ月、いえ長野に戻ってから二ヵ月、いろいろありました。


年老いた両親との同居は、理解力があり、人柄が穏和で明るい旦那のおかげで、毎日楽しく過ごせていました。

とはいえ私は実の娘、両親の年老いた姿を認めたくない気持ちもあり、

特に最近物忘れがひどかったり、いろんなことに無気力に見えた父には、

ちょっときつく当たったりしてしまいました。

そんな矢先に、父の体から信号が。

検査に次ぐ検査、ようやく今日、ステージ4の悪性腫瘍があることを、

お医者さんから説明されました。

ほんの一週間前、実はどうもその可能性が高い事は知らされていたのですが、

本人の自覚症状も無く、信じたくもなく、

今、生きている人が居なくなるかもしれない恐怖と、

これから本人がこれから味わうかもしれない苦痛と、

今まで苦労ばかりかけてきた後悔とで、

泣いてばかりいました。

でも、今日は、家族揃って検査結果を聞きながら、

ただただ今から癌と戦うことだけを考えだしました。


同じような経験をした方の話は、

信じたくないような内容ばかりでしたが、

せめて、

私の中で、勝手に父ちゃんを死なせないようにしようと思います。

今から父ちゃんと過ごせる全部の時間を、

めちゃめちゃ楽しいものにしようと思います。

できるだけ父ちゃんの近くで歌おうと思います。

あたしが出来ることは全部、やろうと思います。

このタイミングで長野に戻れて、本当に良かったと思います。



そんなわけでしばらく、宿泊が必要になるライブのブッキングはやめることにしました。

様子を見て、またいつか遠出もしたいと思います。

来週8日の東京倶楽部は、ちょっと特別な日になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »