« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の7件の記事

2011年12月29日 (木)

氷点下

氷点下
ちょろっとだけ、実家に帰ってきてます。

今年の冬は寒いけど、

やっぱり長野は違います。

滝が凍ってました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年12月26日 (月)

Merry Christmas!

Cocolog_oekaki_2011_12_25_18_46

ひさびさお絵かき。

・・・・・子供の絵か?

しかも、てっぺんの星はきれてるし、

12時回って今は26日・・・・・sweat01

今年もあと6日よ。

ぎや~~~~~~~~っ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月21日 (水)

今年最後の東京倶楽部

昨夜は今年最後の東京倶楽部でした。

初共演の阪口誠さんと、今年後半とってもお世話になった鹿島達彦さんと、

ちょー久しぶりの向島ゆり子さんとのご機嫌な夜でした。

初トライのポルトゲス、むずかし~わ、やっぱ。

でも、作曲者の気持ちを考えたら、そっちで歌うのが本当よね。

Dscf2564
Dscf2566
Dscf2567
Dscf2580

今年もお世話になりました。

ブラジル話、たくさんしようと思ったけど、ライブですもんね、演奏しなきゃ。

改めて、ブログで書いていこうと思います。

たくさんの写真もありますから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年12月20日 (火)

やっと撮った

やっと撮った
2週間お暇をいただいて地球の裏に行ってきた反動で、ず〜っとず〜っとドタバタで、

イベントもいろいろあったけど、あっという間に過ぎ去り、

かろうじて、今日は写真を忘れずに撮った!

有楽町のITOCiA前広場。

みんながんばった!
(写真はうちのクラスじゃないんだけど)

年末のイベントがどんどん終わり、

今年もあとわずか。

あいさつが「良いお年を」になっていく。

将軍様がお亡くなりになられても、

明日も世界が平和でありますように。

明日も、良いライブができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月13日 (火)

今さらだが

明日は自由が丘マルディグラ、初出演です~。

なんと、New Orleans名物、ガンボが食べられるお店。

なつかし~な~。

でも曲は思いっきりソウル系(笑)。

絶対おもしろいと思う。

・・・で、なぜか15時集合、サイゼリアでビール飲んでからリハなんだってbeercoldsweats01

で、こちらが数日前に送られてきたチラシです。

1213

カッシー・・・・・・sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 7日 (水)

着いた!

長~い旅を再び終えて、家に着きました!

疲れ果てて、今も風呂で寝て溺れそうでしたwobbly

いやあ、おもしろかったです、ブラジル。

やっぱり旅行は良いですね。

今回の初南米大陸上陸、水の渦巻きは左だったり右だったり微妙だったけど、

大陸の赤い土が、強烈に印象的でした。

あとはトイレ事情。

あたしを苦しめたのがこれ。
Sh3e0523

わかります?トイレットペーパーを流しちゃいけないんです!!

便器のすぐ横にたいてい置いてあるバケツに、

拭いた紙を入れないといかんのです!

流すと詰まっちゃうんです!

・・・この酒好きでお腹が常にグルーヴィーな私にとって、こんな辛いことはありません。

なんかねえ、流せないと、思いっきり拭けないのよ。

はぁ~、日本のウォシュレットって、本当にありがたいよね。

なんか、どんなにきれいなおねえちゃんを見ても、

「この人もトイレに拭いた紙を残してくるんだぁ~」と思うと、

微妙だったです。


帰宅すると、当然自宅の冷蔵庫は空っぽ、

コンビニに行っておでんと発泡酒を買いつつ、

「やっぱり平和で便利だぜ日本!」と思いつつ、

日本円で500円くらいで十分楽しめたサンパウロのバールを思い出しつつ、

余韻も早々に切り上げ、

明日からまた働かねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年12月 4日 (日)

ブラジルその後

早いもので月日はあっという間に過ぎ、
こっちの時間で明日の夜23時過ぎには再び、日本へのフライト。

「旅」の種類はいろいろあるが、
今回の旅は、「現地の人々と触れ合う旅」だった。

サンパウロ滞在6日目に、旦那のおばあちゃんの弟さんの子孫が暮らしているMaringaという町に行った。
飛行機でサンパウロから1時間25分、どちらかというとパラグアイとかに近い方の地方都市。
旦那と直接血のつながりがあるのは、いまや弟さんのお孫さんとひ孫さんだけなんだが、
熱烈大歓迎してくれた。

2泊して、どちらもパーティをしてくれたのだが、2日目で家庭のシュラスコ料理を振る舞ってくれ、
お礼に2曲、1曲はMPB(ブラジルのポップス)、1曲は「上を向いて歩こう」をアカペラで歌った。
「私たちは心は日本人なんだけど、日本語も不完全、ポルトゲスも不完全、中途半端な人間なの」
と話していたおばあさんが、
「上を向いて歩こう」を歌った時に、静かに涙を流していた。

サンパウロに戻って翌日、御歳98歳の、ブラジルの人間国宝のようなアーティスト、オオタケトミエさんに昼食に招いていただいた。

98歳とは思えないくらいしっかりしてらっしゃって、今も創作活動を続けておられる方。
「なんか歌って」と言われ、なんだか良い歌が思いつかず、
しかもトミエさんが京都出身ということで「竹田の子守唄」を思いついたのだが、
歌詞が出て来ず・・・・sweat02
「日本人として、もっと日本の文化を大事にしないといけませんよね」
と反省したが、
「是非、そうしてください。海外に出る時には、特に大事に持って来て下さい。」
と、言ってくださった。

写真が今アップ出来なくて残念だが、また帰国して落ち着いたらまとめてアップしようと思う。

今日はこれから泊めていただいているアーティストのお家でパーティ。
サンパウロの東洋人街でゲットした、高いけどくそまずい練り物をふんだんに使ったおでんを持参する。

最後までずーっといろんな人とコミュニケーション。

ポルトゲスが出来ないので、通訳してもらったり英語でコミュニケーションしたりなんだが、

こんな旅もいとをかし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »