« しばしの別れ | トップページ | 霜月はもうすぐ »

2011年10月29日 (土)

五反田~有楽町~水道橋

今日は家を10時半に出発し、ブラジル総領事館にビザの申請に行った。

ここ、窓口が朝の9時から昼の13時までなのsweat02

場所は五反田、自宅からは往復千円以上かかるので、何かのついでに・・・・と延ばしていたらいい加減やばくなり、

今日は有楽町で13時から会議があるからそのついでにと思い、12時前に五反田着。

五反田の駅すぐ、確か1階が紳士服チェーン店のビルの2階に総領事館はあり、

入ってみると一面ブラジル人っぽい人たち(笑)。

たくさん人がいてビビったけど、ビザの申請の人は少なかったらしく、

3分たたないうちに順番が来て、あっさり終了。

次の有楽町の会議に向けて移動。

会議は山野楽器のゴスペルレッスンの云々。

数店舗のスタッフさんと講師の会議で約2時間。

3時に終了。
中途半端な時間を、山野の空きレッスン室をレンタルして夜のライブのための練習をすることに。

だって今日は礼ちゃん(Raymond McMorrin)と共演だから、

恥ずかしくないように歌詞の復習しなくちゃね。

で、気がつくとピアノの村山さんから留守電が入っていた。

ご家族の看病で今日のライブは欠席とのこと。

がび~~~~ん。

レッスン室で結局、電話やらメールやらで今夜奇跡的に空いてるピアニストを探し、

時間はどんどん過ぎていく。

ようやく奇跡的に空いていたリン・ヘイテツさんにお願いでき、

落ち着けば4時。

5時までなんとか練習し、水道橋に移動。

ライブは素晴らしかったです。

礼ちゃんは素晴らしいテナーを存分に聞かせてくれたし、

リンさんは素晴らしく繊細なプレイとアホなトークを炸裂させてくれたし、

菅原さんは変わらず、メンバーのプレイにいち早く反応してご機嫌にしてくれたし、

津山さんも反応の早い、歌うドラムで支えてくれたし。

東京倶楽部のライブの常連さんたちのお顔が少なくて、若干淋しくはありましたが、

でも、いつもいつも本当にありがとうございます!

Dscf0372

Dscf0380_4

Dscf0424_3

最近、このカズーを吹いてるスタイルが、

酒を飲んでるようにしか見えない(笑)。



長~~~~い一日もやっと終わり。

さー、明日は大掃除の巻よ。

|
|

« しばしの別れ | トップページ | 霜月はもうすぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばしの別れ | トップページ | 霜月はもうすぐ »