« 逝く夏のイベントと9月のスケジュール | トップページ | YAMAHA ゴスペルナイト2011 »

2011年9月 7日 (水)

お客さんになってみる

今日は六本木のホオキパへ、Yellow Marketのパーカッション、柳沢マーヤさんと出かけた。

実は8月24日に出演した時に、マスターの三郎さんが、

「9月6日暇だったら見においでよ、セルジオ・メンデスのバンドのドラマーが来るから」

と誘ってくれたのだ。

運よく、今月の数少ない休みの中の一つにあたりcoldsweats01

迷っていたマーヤさんを誘って、

バーガーキングのワンズでがっつり腹ごしらえし、

気合い充分でのぞんたdelicious

今日のドラマーEnzo Todescoさんは、スイス生まれ、今はロスを拠点に世界で活躍している。
今日のボーカルの堀井直子さんがロス在住のホテルデザイナーで、十数年来の彼女の親友であるらしい。

東京JAZZにセルジオ・メンデスが出演し、そのバンドで来日し、今日も演奏に加わってくれたそうな。

演奏の方は、いやあ、さすがでしたね。

「きれいな」ドラムでした。

あたし、あんなにきれいなドラムは、10年ぶりに見ました。

目から鱗のフォーバースがたくさん見られました。

共演の日本人ミュージシャンの皆さんも、

素敵な演奏を魅せてくれました。

自分が普段出演しているお店に「お客さん」として行ってみると、

いろんな気付きがあります。

あ~、こういうメニューがあるんだ、とか、この食事おいしいとか、

このスタッフさんは接客が良いなとか、マスターは普段こんな事してるんだとか、

演奏者の立ち位置は、立ち居振る舞いはお客さんにこう映るんだ、とか、

曲の説明はした方が分かりやすいなとか、もういろいろ(後半ずれたか)。

今日はマスターのご好意でだいぶサービスしていただいちゃいましたが、

たまにはお客さんになるのって大事。

このお店で演奏できることが幸せなことなのだということが、

再認識できる。

|
|

« 逝く夏のイベントと9月のスケジュール | トップページ | YAMAHA ゴスペルナイト2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/52666712

この記事へのトラックバック一覧です: お客さんになってみる:

« 逝く夏のイベントと9月のスケジュール | トップページ | YAMAHA ゴスペルナイト2011 »