« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の8件の記事

2010年12月31日 (金)

SAGAIN(佐賀に再び)

SAGAIN(佐賀に再び)
帰省ラッシュを乗り越えて、

やってまいりました、1年ぶりの佐賀。

まあ東京より寒いこと!

昨日はレンタカーで呼子まで行ってみたんですが、

雨はお昼過ぎに雪へと変わり〜♪

今朝は一面の銀世界です。

イカの漁港として有名な呼子で、

イカの天ぷらと魚コロッケをゲット。

揚げたてアツアツのイカ天は本当に美味!

冷えた魚コロッケ(魚のすり身のフライ)は、アツアツだったら旨かったんだろうな〜…

まあ、見るものいろいろ珍しく、

Enjoyしとります。


今日は大晦日。

皆様今年も本当にお世話になりました!

良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月26日 (日)

クリスマスソングも終わり・・・・

今年も何回も歌いましたね~、クリスマスソング達。

昨日と今夜で今年のクリスマスも終わりました。

昨夜は本厚木マッカーサーガレージ。

今年知り合った、ニューオーリンズ帰りのドラマー、蓑宮さん率いる「NOLA1416」にゲスト参加でした。

クリスマスムード一色の店内、曲もそれ系とか、ポップなものを中心に選曲しましたが、

ポップなのは難しいですね~、リハ無しだと。

でも相変わらず、NOLAはニューオーリンズテイストたっぷりに、ファンキーに、

お客さんを暖めていたようです。

蓑宮さんとベースのコラボ(動けない店員さん)。

Sh3e0242 

そして今日、

大森のダイシン百貨店の、社員さん向けのクリスマスパーティでの演奏。

先月共演したYellow Marketの野田ユカさんや甲本奈保美さん、久しぶりの海老沢孝二さんや初の中津裕子さんと。

このダイシン百貨店、とても社員さんや地域を大事にする良いお店で、

毎月の誕生日会やらいろんな行事をやってるらしいです。

また社員さんがとても良い方ばかりなんですよね。

こちらも「ノリのいい曲」と言われていたのでダンスナンバーとか多めに持っていきましたが、

まあ、踊ってくれるわ老若男女(笑)。

ファンクバンド以来、久しぶりに見ましたね、踊ってくれるお客さん。

それが踊らされてるんじゃなくてごく自然で、なんか楽しそうで、すごくハッピーでした。

ちなみに社長さんがこのもみの木です(レスラーじゃありません)。

Sh3e0246_2

良い会社ってあるんだな~。

写真の野田さん(上左)と甲本さん(右下)とは来年2月21日に再びYellow Marketで六本木ホオキパでの共演が決まってます。

このお2人、ハートもプレイも見た目もカッコいいので大好きなんです。

来年はいろいろやりたいですね~。

さ、もういくつ寝るとお正月~~♪。

2010年が逝くね~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月24日 (金)

逆らえないもの

2000年・・・・・

2000

10年後・・・・・・

2010

お~~~~、

老けたなぁ~sweat02

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年12月20日 (月)

フラダンス忘年会

今日は横浜の日ノ出町で行われた、フラダンス教室の忘年会の幕間の余興に呼ばれていきました。

フラダンスって、なんか勝手にムームーとか腰蓑とか(おいっ!)、

はたまた過激にタヒチアンダンスの激しい腰振りとか想像してたんですが、

何とも上品で奥ゆかしくて女らしいダンスでした。

ダンスってどれもそうかもしれないけど、指の先まで神経が行き届いてるんですね。

しかも色っぽい!!

子供さんたちのダンスもあって、みんなの色っぽさにびっくり!!

みんなこの先どうなっちゃうのよ~~~~heart04

Sh3e0239

歌い終わった後は、村山さんと菅原さんとプチ忘年会。

なかなかゆっくり飲む機会が無いので、貴重な時間でした。

村山さんも私も、2010年はまさに試練の年。

この年が明けるとともに、なんかスカーーーッと晴れると良いなあ。

いろんな意味で、忘れられない年です、2010年。

そして、あと10日で終わりですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月12日 (日)

追悼 James Moody

12月9日、James Moodyが亡くなった。
御歳85歳。
テナーサックス、フルート奏者。


2年前のニューヨーク旅行のとき、Blue Noteで彼のパフォーマンスを見た。

旅行記でも書いたので重複するが、

当時でも83歳、ステージまでの道のりは本当にヨボヨボ、

ステージでも立ってるのがしんどそうで大丈夫かな~と思っていたんだけど、

演奏が始まったらまあ、すごい!

最後はJon Hendricksとスキャット対決を延々と魅せてくれて、

83歳現役のスゴ力を見せ付けられた。

ステージ終了後は自分で楽器の片付けもやって、

写真を撮ってくれという我々の要望にも快く応じ、

日本人とわかると、

「俺の孫、日本に居るんだよ~、写真見るか?」

と言って、財布から写真を出して見せてくれた。

「かわいいだろ~heart04

と孫の写真にデレデレするお茶目なじいちゃん。

ビッグスターなのに偉ぶらない、本当に素敵なじいちゃんだった。


すい臓癌だったらしい。

もう化学療法も放射線治療もやらなかったと書いてあった記事も見た。

また一人、偉大なスターが居なくなった。

良い人生だったですか?Mr. Moody。

I pray your soul may rest in peace.
Thank you and good-bye.
James_moody

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月11日 (土)

師走のバーブラ

師走の金曜日、さすがに満席で大賑わいのバーブラでした。

いつも応援してくださるMさんやOさん、サプライズで学生時代からの付き合いのS君も来てくれました。

昨夜はあらかじめ泊まるところを確保していたので、

S君にゴチになり2時の閉店まで美味しいお酒を堪能。

激混みオバQ(小田急)に長時間乗らずにすむ、酔っ払っても良いっていう幸福感は、たまりましぇ〜ん!

S君本当にありがとうね!


一方、Mさんは、御歳74歳のお母様と、そのお友達72歳のマダムと来てくださって、

人生の大先輩のありがたいお言葉の数々、

胸に沁みました。

マダム曰く、

「歳をとると、いろんな事ができなくなるの。自分でもびっくりして悲しくなる。だから、出来ることは絶対に途中でやめないで、やれるだけやった方が良いわよ」

まったくですね。

環境が許してくれてるかぎり、

欲望は貪欲に、
そのためにストイックに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 7日 (火)

I needed some change

かみをくるくるにした。

こんなパーマ、ファンクバンド時代以来、実に12年ぶりである。


そういや大学3年のときにもやったな~。

当時はワンレンってやつが主流で(古っ!!)、

後ろから見たら誰もが同じに見えたから、

「ジョン・ボン・ジョヴィみたいな頭にしてください」と言ったら、

70年代のヒッピームーブメントに身を投じていた若者になっちゃった。
(ジャニスまねしてたからそれで良かったんですが・・・)


12年前はスパイラルパーマで本当にチリチリでした。

だから、よっぽどファッションにも気を使ってた気がする。


今回は、変化が欲しかったのと、

気合を入れるためのくるくるです。

潔くなかった自分への反省。

「無難」は、「難」もなければ「何」も無い。

そこからの脱出。




ところが・・・・、もうすぐ正月じゃんね;

旦那のご両親に会うの、忘れておりました(笑)。

オーマイガーッシュ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010年12月 3日 (金)

今年もお世話になりました~~

ちと早いですが、

今年最後の東京倶楽部が終わったので、このご挨拶です。

皆さん本当に今年もありがとうございました!

今日もたくさんの方、見に来てくださってありがとうね。

こちらの確認ミスで、2ステージかと思っていたら3ステージで、急遽曲をかき集めるというハプニングsweat01

しかも2ステと思っていたから、最初のステージは思いっきり1時間やり、追加2ステージ。

最近、歌う曲と構成を決めてステージに向かうので、他の曲の楽譜、あんまり持ってないんですよねsweat02

かき集め全16曲、よう歌いました、ハハハ。

2月のファビオ来日や村山さんの入院、マッキーの怪我、などなど、いろいろいろいろありましたこの2010年、

東京倶楽部のこのバンドを応援してくださる皆さん、

本当にありがとうございました!

今日、久しぶりに見てくださったお客さんが、「バンドになった」って言葉をくれました。

イェイ。



2010年、個人的にはダメダメだった私ですが、玄関に盛り塩しだしてからなんとなく調子良くなってきた感じ。

消えていくものがあるから、新しい出会いが有り、

新しいピリオドが始まる。

まだまだ道のりは長い。

いけるだけいきましょう、

あたしまだ、歌ってて良いみたいだしね~~~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »