« 横前恭子と愉快な仲間達@東京倶楽部 | トップページ | 144分の1 »

2010年9月 5日 (日)

KiKuRa

今日は山梨県上野原市の、

絹問屋の蔵を改造して造られた素敵なギャラリー「KiKuRa」に行きました。
Sh3e0191

今日はここの近所の神社で大きなお祭りがあったため、

骨董品の器なんかもちょっと店先で売ってましたが、

中はいろんな作家さんの手がけた素敵な作品がたくさん並んでいました。

素敵だな、欲しいな、と思うものがたくさん!

次回はお金を貯めて行こうっと・・・。

音楽も美術も同じ「芸術」とくくられますが、

広いですよね~~、難しいです。

前、電車の中のどこかの美術系大学の広告に、

「芸術とは無駄なもの」といったことが書かれてました。

つまり、無くても生きていけるもの。

たくさんの時間や材料や労力を使って表現するけど、

生命の営みとは直接関係無く、1円を稼ぎ出すことも出来ないかもしれないもの。

でも、人間は知能を持ち、自分が存在している理由が欲しくて、

感動すること、心動かすことを求めるんですね。

だから「芸術」が存在し続ける。

なのに日本人は勤勉に働くことで自分の存在価値を見出しちゃっているから、

芸術がそんなに大事にされないのかな、なんて思う。

まるで贅沢品扱い。

もっと気軽に身近に感じられる街だったら良いのに。

このKiKuRaには実際に「使ってみたい」器がたくさんあって、

そこが一番良かったです。

オープンは風まかせなのでwebのチェックが必要ですが、

お近くを通るときはに覗いてみては?

|
|

« 横前恭子と愉快な仲間達@東京倶楽部 | トップページ | 144分の1 »

コメント

芸術って
何だか、時間と努力って言葉を感じさせないところに
あるような気がします。
自分の中の小さな芸術に出会いたいものです。
なんて…(苦笑)

投稿: アロースター | 2010年9月 6日 (月) 01時02分

俺、ちょっと違う気がするなぁ~。
芸術は人間にとって必須。
原始人だって洞窟なんかに絵を描いたり。
狩の道具に装飾をした。
お前が訪れたギャラりーにあったものの多くは
恐らく「工芸品」。生活の中から生まれた「芸術」だ。

同様に音楽も芸術って程のもんじゃない。
誰だって貧乏揺すりしたり、机をカタカタ叩いたり
自然にやるでしょ。

「ゆとり」や「曖昧さ」が無ければ生きて行けないのが
人間なんだよ。

投稿: アーバンな俺 | 2010年9月 7日 (火) 17時46分

芸術とは縁のないワタシです・・・

ただ、どんなジャンルでもあんまし評価とか解釈(講釈?)に走ると、嫌気が((+_+))

これっていいなー、と素直に思えて、それを受け止める人がそばにいたら、心地いいよね、と思うのは素人考えでしょうかね・・・

投稿: umazake | 2010年9月 8日 (水) 00時23分

先日はどうも 御来店有り難うございました。

KIKURAの作家にも音楽活動と作品を両方表現している方もいます。

 今後Kyokoさんとも このKIKURAで何か出来ると良いですね。


明日から ブラジルに行ってきますね。

投稿: KIKURA | 2010年9月 8日 (水) 13時26分

書きっぱなしでコメントしてなくて、本当に皆さんすみませんでした!

「芸術」に関して何か書こうなんぞ、あたしにゃ100年早いんです。皆さんのコメント見て恥ずかしくなりました。
うちの旦那も美術関係の人なので、
「なんて芸術畑で稼ぐのって難しいんだろう~~!なんて芸術って食えないんだろう~~!」って不満がたまってました(笑)。
気持ちが荒んで、余裕が無かったのでしょう。
今本当に、「心のゆとりが無いと、何も楽しむことが出来ない」ってことを痛感しています。
音楽や美術だけでなく、ほんの些細な物、生き物、自然のもの、などなど・・・・。

いつも心動かしていたいものです。

投稿: 横前 | 2010年9月20日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/49361987

この記事へのトラックバック一覧です: KiKuRa:

« 横前恭子と愉快な仲間達@東京倶楽部 | トップページ | 144分の1 »