« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の7件の記事

2010年6月29日 (火)

サテンドール

今年に入って一番のプレッシャーが終わった(笑)。

サテンドールは毎回集客のプレッシャーとの戦いなのだ。

皆さんのおかげさまで、今回は沢山の方に来ていただけた。

本当にありがとうございました!

ボーカルが4人という、おっそろしい構成、

疲れも不満も見せず、素晴らしい演奏で支えてくださったミュージシャンにも、感謝感謝です。

ボーカル4人も、それぞれ個性が違って良かったです。

ダイバーシティというやつでしょうか、

お客様も楽しんでいただけたでしょうか。

しかし、終わった後でオーナーに、

「今日は横前さんが一番だったね」

と声をかけていただいたのですが、

これ、

集客の成績という意味です。

私たちの「価値」は、

これが全てなんですよね。

無名ミュージシャンなんだからしゃあないか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月26日 (土)

姉の嫁ぎ先である長野県の辰野町に来ている。

私にとっては三回目の「ホタル祭」である。

辰野町の公式ホームページによると、

金曜日の晩は一万匹を遥かに越えるホタルの乱舞だったらしい。

今日はあいにくの雨。

そして厚い雲の上からの満月の光。

蛍たちは草むらのかげに潜んでしまっていましたが、

せせらぎと

ひそやかに点滅するたくさんの蛍の光たち、

宇宙はこんなところにもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月22日 (火)

17倍

一年前、4匹買ったグッピー。

一年間で


70匹になりました。


欲しい人居ませんかぁ~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月18日 (金)

ゴスペル体験

今日はなんと、ゴスペルのワークショップに行ってきました。

最近、

何かきっかけがあるのであれば、

何でもやってみたいお年頃なんです。

というか、

あたしって何よ、を40にしてまだ探ってる…。

先生はカリフォルニアから来日中のRay Sidneyさん。

たった2000円で2時間ちょっと、2曲を教えてくれました。

参加者は全員女性、12、3人だったかな、皆さん顔なじみのようでしたが。

今日の目的は、とりあえず先生の歌を聞いてみたかったってのと、

一緒に歌ってみたかったってもの。

見たり聞いたりしたことはあったけど、

初めて歌ったゴスペル、

ほんと素直に楽しかったですね。

いつも一人で歌うので、

大勢で歌ってハモるのはやっぱい~な~と思いました。気持ち良かった。

ゴスペル、今日のはブラックゴスペルというジャンルらしく、

かなりリズミカルなアレンジであったりジャマイカスラング英語だったりと、ちょっと変わってましたが、

宗教色がライトに感じられ、私でも抵抗無く歌えました。

しかし、Jazzで鈍りきった喉、

Rayさんの声量に触発されて大きな声をがんばって出してたら、

すぐに潰れましたsweat02

けだるくかろやかにスウィングも結構ですが、

やっぱ、歌は、

腹の底から歌わんとね~。

わが道を歩きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年6月14日 (月)

久しぶりの痛み

ギタリスト平岡雄一郎さんの、

「2時間で誰でも一曲弾き語りが出来るようになるレッスン」を受けた。

場所は平岡さんちのスタジオ、もちろんマンツーマンである。

実は私、ギターを3本持っておりまして、

その昔、その名も「2-Dee」という自分の曲をやるバンドで

エレキギターを弾きながら歌っておりました。

今思えば、なんと恐ろしいsweat02

ええ、ご想像通りの腕でした、ほとんど意味なし(笑)。

で、そのままギター達も眠っているし、ちょっと音楽に新しいスタイルも欲しかったので、

平岡さんからお話を聞いたときにすぐにお願いしました。

実に面白いレッスンでした。

で、本当に2時間で1曲できるようになったかというと、

出来たんですよ、これが。

しかもほぼ2曲!

1曲はすぐに、2曲目はちょっと難しかったので練習が必要なのですが、

それでも最後まで弾けました。

平岡メソッド、恐るべしです。

喜び勇んで家に帰り、久々にギタ子ちゃんにご対面。

・・・・平岡さんちの、愛され手をかけられているギターさんとはえらくかけ離れて、

錆びた弦でふて寝していたギタ子ちゃん。

慌てて弦を変えたけど、

あっという間に左薬指のマメは潰れて体液流出。

そうそう、この痛み、久しぶりです。

痛いけど夢中になって弾き続けてしまう、

そんな自分も久しぶり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年6月11日 (金)

当たるも八卦当らぬも八卦

あっという間に東京倶楽部の月例ライブも終わり、Ami's Bar久々の出演も終わり、

なんだか日々あっという間に過ぎていく。

毎日のようにブログを更新されてる皆さん、すごいですね。

あたしも帰りの電車に1時間乗ってるんだから、その時にやりゃ良いんだよね、

つい寝ちゃうんですsweat02

この相模原に越してもう1年。

いやあ、本当に引っ越してからろくなことが無い(笑)。

原因不明の高熱や蕁麻疹、今年に入っても病院通い、

これはいよいよおかしいぞということで、知り合いの占い師、K村さんに見ていただきました。

そしたらやはり、四緑木星の私は、昨年のこの時期に西南へ移動するのは凶の凶だったんですって!

そして、都内に引っ越そうと今考えているのも、2年間はだめなんですって!

もうお先真っ暗です。戻るに戻れない。

しかも今年は「忍耐試練自重運」だそうだ。

良い事が無い。

・・・とそこでK村さん、

今月と今年の吉方に西があるから、良い日に西の宝くじ売り場で買うときっと良いことがある

と。

せめて良い事が無いなら金運だけでも上げようと思い、調べました、西の宝くじ売り場。

・・・・ところが、果てしなく、そう、きっと数十キロ動かなければ宝くじ売り場なんか無い!

相模原最強です。

で、考えた挙句、苦しまぎれですが、

家からまず西に少し歩いて、そこからいつもの駅(東南)に行き、宝くじを買ってみることに。

LOTOとかナンバーズは買い方がわかんないのでスクラッチのくじを買いました。

結果、一応下から2番目の4等が!

これ、本当に西の売り場で買っていたら、もっと当ってたかもしれないです。

K村さんいわく、

「占いは統計学だから、必ず当るってものではないけど、良いと分かっていたらそちらに動けばいいし、悪いと分かっていればそちらに動かなければ良い。」

確かに。

で、我が家が引っ越すべき今年の吉方は、西北なんだ。

・・・ここから西北って、橋本や八王子、秩父。

・・・・・忍耐試練自重にもほどがあるってもんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 3日 (木)

寝言は罪か

数日前、旦那の寝言を聞いた。

うちの旦那は普段からよく寝言を言う。

あやうく答えそうになるが、会話しちゃうと夢の世界から帰れなくなるとか言うよね。

たいていは、何を言ってるかわかんないんで良いんだが。
(ポルトガル語らしき寝言もあった)

で、そのときの寝言ははっきりとこう聞こえた。

「俺はまだ好きだけど、向こうはもう何とも思ってない」

・・・・・衝撃的な内容である。

翌朝、旦那を問いつめた。

全く見に覚えもないし、そんな夢を見た記憶も無いと。

当人、いささか焦り気味。

そりゃそうだ。

見に覚えが無いとはいえ、寝言でそんなことを言ってしまったってのがショック。

いやむしろ、寝言で言ったってのがショックだろう。

深層心理のどこかでそんな想いがあるのかな・・・。

しかもそれを嫁に聞かれた・・・。


で、聞いちゃったあたしはっていうと、

ショックや疑惑よりも、

胸がじんわりしましたね。

われわれは初婚でかなり晩婚同士、

40年も生きてくればそりゃいろいろあります。

誰かをきっとすごく好きだったのね。



われわれだけじゃない、

みんな、それぞれ、

いろんな想いを胸に生きてます。

過ぎ去った楽しい思い出、悲しい思い出、

無理やり封じ込めた想いや、いつの間にか変わってしまった想い、

どうしても忘れられない想い、忘れたくない想い、

みんなみんな、いろんな想いと一緒に生きてます。

2つの人生は生きられない。

だから夢を見るくらい良いじゃない。

この世も所詮は幻だもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »