« 重ね重ねお詫びと訂正 | トップページ | Blue Moon »

2010年3月27日 (土)

Life is what happens to you while you are making other plans

Life is what happens to you while you are making other plans.
~人生とは、何かを計画している時起きてしまう別の出来事の事~

このフレーズは、まだ結婚する前、ただの友達だった今の旦那から教えてもらった言葉である。

旦那の好きな星野道夫さんの本に出てくるらしいんだが、出所は、

自然保護活動家のシリア・ハンターさんとも、ジョン・レノンとも、私には分からない。

実は私、このフレーズはそんなに好きではなかった。

昔、ファンクバンドやってた頃、

「今NASAは、”この世は全て、人間のイメージによって造られている”って事を必死に解明してるらしいで」というメンバーの話に深く共感し、

自分の中でクリアにイメージできるものは、実現できるものと思っていた。

イメージする=具体的な方法を探す=そのための努力をする

自分の”意思”次第で、かなわない夢は無いと信じたかったのかもしれない。

そんな私が、「自分の意思とは別のところで起きてしまう事が人生」と言われても、

納得できなかったのだ。




ところが最近、この言葉が頭を離れない。

私の計画は、ことごとく崩れ去り、消えた。



4月から少し時間が出来たので、この機にアメリカに再び修行に出ようと思っていた矢先、妊娠が判明。

飛行機、宿、全ての予定をキャンセル、

不安定だったので4月以降の歌の仕事も極力キャンセルし、ゆったりと赤ちゃんとともに時間を過ごすつもりでいた。

だから骨盤を緩めるストレッチを始めて頚椎捻挫(馬鹿でしょ~sweat02)、

でもそりゃあもう、2年前からした禁煙だって、いつの日か、子供を産めますようにとの願をかけてのものだったくらい、

やっと、やっと叶いかけた願いだった。

だが、先週末から大量出血、

まずいなと思いつつも、医者からは安静にする以外ないとの指示、

赤ちゃんの生命力だけを信じてずっと話しかけていたのですが、

昨日、病院で流産を告げられた。




子供を授かって産んで育てるって、

世の中でごく当たり前に繰り返されていることがこんなに実は奇跡的なものだって、

どんなにありがたいことかって、

改めて痛感した。

生きてることが、本当に奇跡なんだ。

生まれてこれただけでラッキー、今まで生きていられるだけでラッキー。

大事にしましょうよね。自分も、他人も。



何か生まれて来られない理由があったんだろうな。

日の光を見せてあげることも、抱っこしてあげることも出来なかったけど、

桜が咲き出すこの季節に、

毎年必ず、確かに在った小さな命のことを、

思い出そうと思います。

|
|

« 重ね重ねお詫びと訂正 | トップページ | Blue Moon »

コメント

ブログを見てびっくりしましたが、体調はいかがですか?

ご主人やご両親に寄り添いながら、ゆっくりと甘えてお過ごし下さいね。
(いつも甘えてたら、もっと甘えてください♪)

ステキな歌声と笑顔、トークを楽しみにしていますよ!!

投稿: umazake | 2010年3月28日 (日) 01時35分

私の第一子も「山あり谷あり」で生まれてきました。
しょっちゅう大量出血。 ホント、ハラハラドキドキでしたね。

お前の言うとおり「人生の上手くいかなさ加減」に
涙するようになったのは結婚してから。
その後だんな様のおっしゃる「名言」のごとく哲学するうちに
「生きることは、ただ生きること」「人生とは生きること」と
なんとなく考えるようになり、現在に至っています。

お前の今の気持ちを考えると言葉も見つかりませんが、
妊娠6ヶ月あたりに「魂」は宿るそうです。

今言える事は「お前の子供に生まれてくる子は本当に幸せ」
ってことでしょうかね。 がんばれ

投稿: アーバンな俺 | 2010年3月28日 (日) 19時33分

umazakeさま
ありがとうございます。
体はもう元気です、たぶん。
気持ちを切り替えてがんばります!

アーバン様
くっそ~、不本意ながら、
泣けました。

投稿: 2-Dee | 2010年3月31日 (水) 00時56分

横前さん、体調はいかがですか?
私も先日、最愛の家族を失いました。
闘病17年。身長145センチで、最後は体重25キロ。左足は膝下から壊死。心肥大。内臓ボロボロ。手足は、思うように動かせず。認知症で幻覚が有ったり、難しい会話は出来なくても、自分の身体については、何となく理解していて。そんな母親を見て普通に歩けるだけで幸せなんだなって感じる位でした。
でも、幸せ、愛してるって言ってくれました。
医師は、家族の支えが有ったから、ここまで生きられたと言ってくれましたが、それでも、色々と考えてしまいます。


横前さんも、無理なさらないで、お身体大切にお過ごし下さい!


投稿: レイナ | 2010年4月 3日 (土) 01時30分

レイナさん
お母さん、幸せだったと思います。
もちろんお体の不調は無念だったとは思いますが。
最愛の娘さんと過ごした17年は、無二の時間だったでしょう。
いろんな出会いといろんな別れは、
私たちにいろんなことを教えてくれますよね。
その上に立って、
ただ生きるしかないんでしょうね。

温かいコメント、いつもありがとうございます。

投稿: 2-Dee | 2010年4月 3日 (土) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/47921274

この記事へのトラックバック一覧です: Life is what happens to you while you are making other plans:

« 重ね重ねお詫びと訂正 | トップページ | Blue Moon »