« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の10件の記事

2010年3月31日 (水)

Blue Moon

今月2度目の満月。

それをこう呼ぶ

「Blue Moon」。

Sn3c0866_2

3月もあと1日で終わる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月27日 (土)

Life is what happens to you while you are making other plans

Life is what happens to you while you are making other plans.
~人生とは、何かを計画している時起きてしまう別の出来事の事~

このフレーズは、まだ結婚する前、ただの友達だった今の旦那から教えてもらった言葉である。

旦那の好きな星野道夫さんの本に出てくるらしいんだが、出所は、

自然保護活動家のシリア・ハンターさんとも、ジョン・レノンとも、私には分からない。

実は私、このフレーズはそんなに好きではなかった。

昔、ファンクバンドやってた頃、

「今NASAは、”この世は全て、人間のイメージによって造られている”って事を必死に解明してるらしいで」というメンバーの話に深く共感し、

自分の中でクリアにイメージできるものは、実現できるものと思っていた。

イメージする=具体的な方法を探す=そのための努力をする

自分の”意思”次第で、かなわない夢は無いと信じたかったのかもしれない。

そんな私が、「自分の意思とは別のところで起きてしまう事が人生」と言われても、

納得できなかったのだ。




ところが最近、この言葉が頭を離れない。

私の計画は、ことごとく崩れ去り、消えた。



4月から少し時間が出来たので、この機にアメリカに再び修行に出ようと思っていた矢先、妊娠が判明。

飛行機、宿、全ての予定をキャンセル、

不安定だったので4月以降の歌の仕事も極力キャンセルし、ゆったりと赤ちゃんとともに時間を過ごすつもりでいた。

だから骨盤を緩めるストレッチを始めて頚椎捻挫(馬鹿でしょ~sweat02)、

でもそりゃあもう、2年前からした禁煙だって、いつの日か、子供を産めますようにとの願をかけてのものだったくらい、

やっと、やっと叶いかけた願いだった。

だが、先週末から大量出血、

まずいなと思いつつも、医者からは安静にする以外ないとの指示、

赤ちゃんの生命力だけを信じてずっと話しかけていたのですが、

昨日、病院で流産を告げられた。




子供を授かって産んで育てるって、

世の中でごく当たり前に繰り返されていることがこんなに実は奇跡的なものだって、

どんなにありがたいことかって、

改めて痛感した。

生きてることが、本当に奇跡なんだ。

生まれてこれただけでラッキー、今まで生きていられるだけでラッキー。

大事にしましょうよね。自分も、他人も。



何か生まれて来られない理由があったんだろうな。

日の光を見せてあげることも、抱っこしてあげることも出来なかったけど、

桜が咲き出すこの季節に、

毎年必ず、確かに在った小さな命のことを、

思い出そうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010年3月24日 (水)

重ね重ねお詫びと訂正

Sn3c0864

(カトリーヌちゃん、どこまで伸びるのかしらね・・・)

引き続き、絶対安静の日々が続いております。

お見舞いのメッセージ、たくさんの方からいただきました、ありがとうございました。



その後も経過芳しくなく、

油断できない状況が続いています。


やむを得ず、

明日の調布Again、

金曜日のお尚とパトラ、

出演を断念しました。

Againは高木潤一さんのソロギター、

お尚さんところは、村山さんとお尚さんとパトラさんの出演です。

本当にすみません。

歌えなくなると、

当たり前に歌っていた頃が懐かしい・・・・。

歌いたいな~~~~~。

寝たきりの生活も飽きたよ~~んsweat02

何てったって、頭はすっきり、元気はつらつなんですものsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月20日 (土)

お詫び

今日の松戸Smalls、Smalls最後の出演になるのでとても楽しみにしていたのですが、

医師から絶対安静を言い渡されたため、

出演を断念しました。

予定していてくださった方々、本当にすみません。

その代わり、若きドラマー石橋遼君やボーカルの坂本千晶ちゃんが急遽、参加してくれるようです。

松戸Smalls、よろしくお願いします。



来週の最後のセッションには顔を出せるように、

しばらく療養に専念したいと思います。

まずは来週の調布Againでは、元気に復帰したいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年3月19日 (金)

首が回らない

・・・・というのは別に、

「借金で」ではない。



骨盤をリラックスさせるストレッチを二晩続けてやったら、

やわらかいベッドの上だったのが悪かったのか、角度が悪かったのか、

翌朝突然、首が「ピキッ」と動かせなくなってしまったのだ。

首ってのは厄介な場所で、

どんな姿勢でも影響が出る。

昨日もAmi's Barに出かける際、最小限の楽譜と最軽量の衣装にしたのにもかかわらず、

どちらの手でも、そのかばんを提げることができない;

マイクを持って歌うことすら出来なかった・・・。

おまけに帰りの電車は座れないので、

実に6時間近くもほぼ立ちっぱなし、

これぞまさに地獄の責め苦。



さすがに今日、近所の接骨院に行ったら、

「頚椎の捻挫ですね~」との診断。

電気をあて、マッサージをたっぷりしてくれ、針も打ってくれて、

極楽を味わってたったの850円だった。


地獄に仏がいて助かった。

素人の急な運動は気をつけましょうねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月15日 (月)

プロの仕事

かわいそうに、

道路に落とされて車に引かれた、婚約指輪coldsweats01

Sn3c0673

知り合いのジュエリー職人に修理をお願いしたら、

Sn3c0862

・・・・・・見事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 9日 (火)

命の灯

またまたグッピーネタです、すみません・・・・。

突然、一番の古株グッピーが、

自力でほとんど泳ぐことができなくなった。

昨日から瀕死の様子、たまに腹を上に向けているので、ドキッとする。

今朝も、まず容体が気になって覗くと、ピクリともしない。

あ~、ついに召されたか・・・と思っていたら、かすかだが、呼吸をしているのが分かった。



数時間出かけ、おそるおそる水槽を覗いたら、

まだ、がんばって生きている。

良く見ないと分からないほどの呼吸だが、かすかにしているし、たまに少しだけ移動する。

知ってか知らずか、一番小さな子供達が、そのまわりにず~っと居る。



グッピーのオスの寿命はわりと短いらしい。

だから繁殖力もすごいんだって。

でも、わずか2センチほどの体で弱々しくも生き続けるその姿を見ていると、

生命のすごさ、尊さを改めて知る。

明日をも知れぬ小さな小さな命だが、

あたし達と同じ、一つの命だ。

あたしには何も出来ないが、

君のがんばりを、しっかり見届けようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 6日 (土)

3月5日金曜日

Sn3c0861

「村山としやに愛の手を」募金、皆さんご協力ありがとうございました。

マスターが「とりあえず箱はこのまま置いといたら?」と言ってくださったので、

来月の4月2日のライブの時に、そのまま村山さんに渡したいと思います。

村山さん、マッキーの代わりに、

尾崎琢也君、マッキー1号2号でお届けした昨夜の東京倶楽部。

尾崎君良かったですね~。

かつて共演した時にはピアノとサックス歌という組み合わせだったのですが、

バンドでも良かったですね~。お客様にも好評でした。

それに引き換えマッキー1号はともかく(SUZUKIのアンデス)、

マッキー2号と名づけたトランペット型カズーは、

全く鳴りませんでしたsweat01

なんでだろうと思い返してみたのですが、そういえば先月は飾ってただけ(Fabioの日)。

他の場所では他のカズーを使っていました。

きっと、

長いこと使われずにいた上に、古い付き合いなのに新参者に「1号」の称号を取られて、

ふてくされたんでしょう。フィルムが気のせいか曇ってましたsweat02

ちゃんとメンテしてあげようと思います。



しかし、録音した音を聞いてみたら、

歌もっとがんばんないとな~と痛感しましたよぅ。

このご時世、4月も仕事も少ないし、

思わず出来た「時間」を使って、

アメリカに修行の旅に出ます、再び。

せっせと貯めたマイレージで行けちゃうんです。

ムフheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月 4日 (木)

お詫びと訂正

明日の東京倶楽部のメンバーですが、マッキーが大きな仕事で来られなくなりました。

楽しみにしていた皆さんすみません。

その分、四人で頑張ります。

尾崎琢也さんのピアノも良いですよ。

何かいつもと違う良さが出せれば良いなぁ。

今日は寝不足になりそう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 2日 (火)

失って知るもの

先日、ピアノの村山さんのお見舞いに行った。

思ったより元気そうという印象だったが、本当に大変だったらしい。

痛みが発症したときの事を思い出せば、何でも耐えられる気がすると、

笑いながら言ってた村山さん。

人に気を遣う村山さんだからこそ、相当酷い痛みだったことは想像できる。

たまたま何かの菌が脊椎に入ってしまったそうなんだが、そのまま肺に行っていたら命は無かったそうだ。

背骨を開いて脊椎から膿みを出す手術を受け、今はリハビリ中。

右足首から下に脳からの命令が届かず、自分の意思でほとんど動かすことが出来ない状態(感覚はあるんだって)。

辛いだろう。

何より、

一ヶ月を越した入院生活が、日雇い労働者の我々の、

底知れない焦りを生む。

働けない=収入が無い。

手術&入院、ただでさえ出費がかさむところ、

わずかな保険で足りるはずも無い。


自分も他人事ではない。

夫婦揃って国民健康保険の我々、

ダブルインカムとはいえ給料もどちらも安く、今の安い家賃だからこそやっていけてる。

保険も入っているが、いざという時はまず足りないだろう。



とてもおせわになってる村山さん。

今週の金曜日の東京倶楽部は、募金箱を置こうかしらと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »