« 小田急哀歌 | トップページ | 家族がまた増えた »

2010年2月18日 (木)

湯島カスター

今日は、私が0からジャズを学んだ店、カスターに、二年ぶりに行った。

今から確か9年くらい前、
当然我流で何も知らないくせに、スタンダードを歌っていた頃、

たまたまセッションで行ったカスター(移転前だった)でお手伝い兼ボーカルにスカウトされて、

毎週火曜日、1日3ステージの各頭に一曲ずつ歌わせていただいてた。

「ジャズのジャの字も知らない」
とか
「横前ちゃんはジャズの人じゃないでしょ」
という、ありがたいお言葉を多くの方からいただいて、

意味が解らず、

必死だった。

多くのミュージシャンの演奏が聞け、共演させていただけ、
ジャズを習ったことの無い私には、

毎回が現場研修だった。

おかげでたくさんの貴重な人脈が出来た。

が、4年程お世話になり、家のゴタゴタなどで卒業した。


アメリカに足繁く通い出して、すっかり不義理をしてしまい、逆に顔を出しにくくなってしまっていたのだが、

昨年、ママとバッタリ会った。

ママは、怒り心頭だったが、

最後は涙を浮かべて、
「あたしが何かしたのかと思って、寂しかったよ!」

と言ってくれた。

久しぶりのカスターは、相変わらずでもあり、変わっていたりもし、

ただ、

スピーカーから聞こえてくる自分の声が、

変わったはずなのに、

妙に懐かしかった。

4月も15日、歌いに行きます。

|
|

« 小田急哀歌 | トップページ | 家族がまた増えた »

コメント

散々、自分でつけた足跡を…
忘れてしまって、ふとした時にその足跡に
気づいたりして…
そんなことを考えてしまう時があります。
残すことのできる歌(声)があるって
素晴らしいことだと思います。

投稿: アロースター | 2010年2月20日 (土) 00時55分

アロースターさま

歌って残るんでしょうかね。人の心に・・・残るか、残るものは。

投稿: よこまえ | 2010年2月20日 (土) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/47596750

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島カスター:

« 小田急哀歌 | トップページ | 家族がまた増えた »