« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の8件の記事

2008年9月26日 (金)

ブラッディマリー

帰国後第一声の昨夜の東京倶楽部。
初共演のマッキーこと牧原正洋さんの強力サポートと皆さんの笑顔、本当に楽しい空間が作れました。
幸せだったな~。

私が帰国後仕込んだオクラのピクルスと、
買ってきたクレオールシーズニングによる
「New Orleans Special Bloody Mary」も好評(?)、
限定10杯のところ4杯が売れ、オクラのピクルスは皆さんのつまみになり(笑)、久しぶりに酔っ払いました~。

マッキーとはまた11月に共演します!

10月も「New Orleans Special Bloody Mary」、やってみようかと思います(もうちょっと工夫して)。

お楽しみに!

080925_235401_3   

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年9月24日 (水)

ただいま

いってまいりました、ニューオーリンズ。

今回もおかげさまで無事でした。

日本も地震が無くて良かったですね。

なんだか長時間の飛行機にも随分と慣れ(笑)、気軽に行けてしまう気がします。
(もちろんそんな財力も暇もなかなか作れませんけどね)

今回の旅行は向こうで活躍しているミュージシャンの方々といっぱい接することが出来たので、かなりニューオーリンズの今のミュージックシーンを見てきました。

カトリーナやグスタフの爪痕も生々しかったです。

珍道中は明日東京倶楽部でお話いたします。

てなわけで明日は東京倶楽部集合!(結局宣伝かいっ!)

Sn3c02980001

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年9月20日 (土)

New Orleans

日本の皆さん、お元気ですか?

早いものでニューオーリンズに来てから一週間過ぎました。

現地に住んでいる日本人のミュージシャンとのギグも無事(?)終わり、のほほほほんと過ごしています。
もうすぐ帰国かと思うと。。。。。。なんとも;

こうやって人生って過ぎていくものなのねと、改めて、儚きものが愛おしく思えます。

あー、月曜日の朝無事出国できるかしら。

朝6時の飛行機に乗り遅れることが最も怖い〜!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年9月13日 (土)

では

いってきま~す!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年9月10日 (水)

名曲の数々

注目!――――→
世界のナベアツさんが、あなたの訪問回数をカウントして、3のつく数と3の倍数の時はアホになってくれます。
記事が更新されないときはこれで遊んでくださいまし。

あ~さて、いよいよ"3"日後に、また長時間フライトでございます。
差し歯が取れたり1ヶ月前に転んで負傷した足首が急に痛み歩けなくなったり先日の発熱があったり、なんだか誰か(or何か)によってに引き止められているような感じを受けつつ、
性懲りもなくNew Orleansです、イェ~。

何か起こるのかもな~、今度こそ。

まあ、その時はその時、墜落する飛行機の中、向けられた銃口の前、最後まで生にしがみつきますが。

で、今のところMatthew君の協力により、繁華街の外、ディキシーJazzは誰も演奏して無い、音楽がホットな地区のライブハウスのステージに参加させていただけそうなんですが、「日本の曲」指定なんですよね、これが。で、向こうに住んでる日本人のミュージシャンと一緒に演奏するの。
「君たちは日本人なんだから、日本の音楽を聞かせて欲しい」そうだ。(確かに。)

で改めて馴染みの深い、好きな曲を探しているのですが、名曲ありますね~、童謡とか民謡とか。

えもいわれぬ旋律だけでジンとくる曲、たくさんありますね。

何で私達はそれを歌わずにろくに喋れもしない英語の歌を好んで歌ってるんでしょうかね。

日本人は何で自分の育った国の文化をこんなにも軽んじてしまうのでしょうかね。

絶対に、後世に残さねばならんものです。

もっと、愛していいはずのものです。

N.O.で歌って帰ったら、

日本でも歌って行こうと思います。

世界にはもちろん数え切れない名曲が有る。

けど、曲から受ける「郷愁」は、自国の歌からしか生まれない。

田舎育ちだろうが都会育ちだろうが関係なく、

つながれてきた命が、

きっと記憶している。

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2008年9月 9日 (火)

記録更新

日曜日に友人の3回忌の法要に出かけた。

前日渡米準備でバタバタ走り回ったが軽く飲んだ後爆睡、朝も多少早起きながら元気に出かけた。

が、法事後、会食までの待ち時間でなんか体の調子が悪くなり、会食会場に着く頃には頭痛が始まり、食事はほとんどできず当然酒など飲めず(この私が!)、

4時に帰宅して熱を計ると39.4℃!

これはマラリアにかかった時を越す高熱である。

解熱剤は使いたくなかったのでひたすら体を温め水分補給し熱を出し切ることに専念、だが一向に下がらず、2時間おきに目が覚め、水分補給し保冷材を交換、朝を迎えた。

朝も38℃。昼近くになって37℃。ようやく動けるようになり、昼間動いたがまだ頭痛がするので夕方計るとまた38℃。

しかしこの高熱、熱は出て体の節々は痛いのだが他の症状が全く無い、風邪じゃないらしい。

3回忌の法要に行ってからってのが気になる。

・・・・・・憑かれたか?



あ、こうして文章書けるようになったてのは、今は平熱になった証拠です;

旅の前にやめてよねっdash

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年9月 5日 (金)

男顔

しかしまあ、四十路手前の、この「東京の夜の音楽?業界」から遠いところで生きてきたあたしは、
本当に人気が無い。

今日も何人も何人もメール送ったり、来て来て攻撃をしたものの、共演の萱原けいちゃんのお客さんばかり。

本当に無様だ。でも、これが実力、現実だ。限界。





さて今日のお客さんに面白いことを言われた。

「”タクシードライバー”の役者に似てますよね。」

・・・・・・・・・・・・

ここで間違ってはいけないのは、

ジョディ・フォスターではなく、

ロバート・デニーロのほうだということである・・・・・

私の顔が似ている有名人、

ダイヤモンド・ユカイ、トータス松本、ロバート・デニーロ・・・・

全部男じゃんか!おいしすぎる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月 2日 (火)

9月

てなわけで、9月です。本当に早い。もう9月だ。

てなわけで、9月13日から23日までガンボを食べに、現地で演奏し命の洗濯をするために再びニューオーリンズに行きます。

・・・・と楽しみにしていた矢先、ご存知「Gustav」の襲来。

現在ニューオーリンズ西部に上陸した模様、カテゴリーは2まで勢力が弱まったらしいですが、市内はいつもの人口の24分の1まで減り、ゴーストタウンになっているらしいです。

もちろん私が行く頃には消えているでしょうが、問題はハリケーン後の治安の悪化。

ただでさえ良いとは言えない都市がさらに荒れるかもしれません。

日本人がへらへら歩いていたらすぐ撃ち殺されるかも。

・・・・それは極端ですが、本当に行ったら(行けたら)、無事に帰れるかどうかかなり不安。

帰国後のいくつかの仕事、とりあえず予防線を張ってトラを探しておこうかと思っています。


「いつのステージも最後のステージだと思って歌え」と誰かの教えに有りましたが、

結構、今そんな気持ちです。

東京も9月15日前後に大地震説があるらしいよね。

地震が起こっても帰れないし、何だか、どっちにしても帰れない確立が異様に高い今回の旅。

でも今は本当に心から、Gustavの消滅を祈っています。

お願いだから行かせて。

もうちょっと生かして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »