« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の6件の記事

2008年8月25日 (月)

めぐりあい

「人生は時に偶然を装って必然を投げかけてくる」

昨夜、東京倶楽部でお手伝いをしていた時のこと。

「横前さんですよね?」と出演者、Ladyエリアちゃんに話かけられた。

「????」わたしゃ覚えていなかったのだが、その昔、Love J時代に共演したことがあるというのだ。

昨夜のバンドBugalosaは、ニューオーリンズテイストのとっても素敵なバンドで、音もバンドのまとまりも良いなあと思ってたら、みんな共通の知り合いの多いこと多いこと、びっくり!

エリアちゃんは何かあたしのことを気にかけてくれていて、ブログにも訪れてくれたことがあるそうな!



で、今週の木曜の東京倶楽部、誘っちゃいました、エリアちゃん。

女性クラリネット奏者、ゲスト出演します。

楽しみ~~~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月21日 (木)

夢が叶う権利

皆さんはもしも、
「10日間限定 貴方の夢が叶います」という権利が20万円で売り出されたら、
買いますか?


ただし、その間に稼いだお金、ゲットしたもの、人々の記憶など、すべて権利が消滅した瞬間消えるのです。

例えば総理大臣になる権利。

いろんな政策をうちたて、多くの人々を動かし、良い政治改革が出来たとする(10日間はきついか;)。で、国も変わったとする。
国民からは感謝と賛辞の声、あなたの人気は絶大。

だが、
10日後、誰もあなたが総理大臣だったことを覚えていない。

残るのは貴方の中の記憶だけ。

例えば好きな人への思いが成就する権利。

10日間その人は貴方のもの、いろんなところへ行き、いろんな時間を共有し、幸せの絶頂に至る。

その人は貴方を10日間、心から愛す。

だが、
10日後、その人の記憶は全て消える。貴方への感情も以前のまま。

あなたにだけ、その人と過ごした10日間の記憶が残る。



要は、「終わる」「消える」と分かっていながら、あえてリスクを知りつつそれに突っ走るかどうかということ。

瞬時の自己満足をし、誰ともその間のことを共感できないというとってもとっても虚しい権利を、
安くはないお金を払って買うかどうかということ。




あたしですか?

買いますね。

だって、

これって、まんま、「人生」じゃない?

この権利を楽しい嬉しいと感じられなかったら、

生きていけないよ、ね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年8月18日 (月)

夏 2008

Sn3c0270 Sn3c0268 Sn3c0267 Sn3c0273 Sn3c0281 Sn3c0276

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月 8日 (金)

立秋だった今日

嬉しいことに、アクセス地域の第4位に長野県急浮上!

どんちゃん祭りのおかげ、いや、本当、感謝感謝です。




さて今日は立秋。このクソ暑いのに秋なんて笑っちゃう暦だが、24節季ではそうなんだ。



今日は初出演の六本木All Of Me Club。
いつもお尚とパトラで金曜日に共演してる南雲麻美ちゃんに誘ってもらってのことである。

共演者はピアノあびる竜太さん、ベース嶌田憲二さん、と麻美ちゃん。
麻美ちゃん以外のお2人は初共演。

お2人ともかねてからお名前だけは知っているくらいすんばらしいプレイヤーなので、まあ音を出したら楽しいこと楽しいことhappy01


・・・で、突然余談だが、私はSUBWAYのサンドイッチが好きである。

だから出演するお店の近くにSUBWAYがあると、お店に行く前に結構寄る。

今日もAll Of Me Clubの向かいにSUBWAYがあることは知っていたので、もちろん行った。

で、サンドイッチを食べてると、ヘッドフォンで音楽を聴きながら入ってきた人がいた。

なんだろう、直感で「この人ミュージシャンだ」と思った。

「今日のあびるさんかもしれない」と、思った。

別に楽譜を持っていたわけでもなく、カバンも普通だ、特別大きくない。


結論、やはりお店に現れたのは彼でした。思わず初対面なのに「やっぱり!」と叫んでしまった(笑)。

あたしも雰囲気だけでミュージシャンだと気付かれる人になろーっと。

あ、見た目じゃないっすよ、オーラで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 2日 (土)

どんちゃん祭り

このブログのアクセス解析をする度に、
そして実家に帰省する度に、
長年引っかかっていたことがある。

私は長野で、上伊那郡中川村で二歳から十八歳まで育ったのに、地元の人に全く知られていない。地元で関心を持ってくれている人がいない・・・。

そんな私に訪れた絶好の機会、中川村のお祭りのステージで、歌わせてもらえたのが今日でした。

一人暮らしを始めてからの方が長くなってしまった今ですが、初の村凱旋ステージ(笑)、
たくさんの同級生が見に来てくれたり声をかけてくれたり、
心が暖まりました。
こんな歳になるまで、辞めるに辞められず続けて来ましたが、
少しでも誰かに楽しんで、喜んでもらえれば、
本当に本望です。こんな嬉しいことはありません。

そして、また、長い間会えなかった人達に再会できました。
この仕事をしていて最高に嬉しい瞬間です。

もっともっと、頑張らなきゃならん、です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年8月 1日 (金)

7月31日

ひと月一度の東京倶楽部。

おっそろしく鼻声なのと、時折地響きのするような鼻をかむことを除けば、心身ともにいたって快適な今日この頃。

ところが今日は向島さんが熱で倒れ、久々村山さん(P)、菅原さん(B)とのトリオとなった。

5月は出演者7人、先月も5人、そこから急に3人になると、なんだか持て余す。
今日は3人とも、多分素っ裸にされた気持ちで演奏したと思う。

でも、なんかその「すかすか感」が心地良かった。
3人のそれぞれの出している音がちゃんと聞こえた。

わがままな私に付き合ってくれている希少なミュージシャンの皆さん。

唯一、自分がやりたいことだけやれるハコ、東京倶楽部。

他の全てのお店に出られなくなってもここだけは残したいと、本当に思う。

来て下さったみなさん、本当にありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »