« でんわ | トップページ | マイブーム »

2008年5月10日 (土)

居酒屋文化

ふと思ったことがある。

「日本は居酒屋文化だな」。



・・・というのは、日々いろんなハコでいろんな音楽に接するが、すばらしい演奏なのにお客さんが少ない、結構有名な人でも・・・・・・・。

「今頃みんな、居酒屋でくだまいてるんだろうな、もったない・・・」と思う。
同じ金額使うなら、形無い音楽でなく、腹の足しになるつまみと間違いなく酔わせてくれる酒が良いに違いない。

そういうあたしだって居酒屋大好きだ。

美味い肴をつまみつつ、愚痴ったり悩みを相談したり熱く語るの大好きだ。

そこに生の音楽が無くとも・・・だ、他人のことは言えない。



「日本人はきっと音楽好きじゃないんだよ」とアメリカの友人にぼやいた。

「日本人だけじゃないよ、アメリカだってニューヨーク、シカゴ、ニューオーリンズとかの特殊な場所以外は、それほど音楽を楽しもうとしないさ」。

「悲しいことだね・・。」「うん」。



我々が言っているのはもちろん生の演奏の話。

もちろんiPodなどで音楽作品を楽しむ人はたくさん居る。電車にもいっぱいいるもんね。

残念だがみんな知らないだけなんだ。

実家に帰った時に見たりんご園のコンサートだって、みんな楽しそうだったよ、体が自然に揺れてて。

もっとたくさんの人に生の良さ、かしこまらない楽しみ方が知られたら良いのに。

もっと音楽が身近なものになるのに。



「なんだかさ~、せつないよね~、日本がんばろうよ~、あたしがんばろうよ~」と

居酒屋で友人にくだをまく私の姿が、

容易に想像できる土曜の昼・・・。

|
|

« でんわ | トップページ | マイブーム »

コメント

悲しくなんか無いよ。 音楽酒場のバランスが悪いってのはあるね。
「生演奏あります」みたいな? 「おでん始めました」的な?
音楽は頑張っちゃダメだって言ってるじゃん!
頑張ってない感じが「音楽」の最大の魅力だと思うがなぁ...

投稿: アーバンな俺 | 2008年5月10日 (土) 13時21分

あはは、たまにはいいこというねぇ(^.^)
「ふふん・・・居酒屋でくだまいてる人たちにはあたしの音楽はとうてい理解できないわねっ」
な~んて鼻高々になってしまうよりは、そんなふうにセンチメンタルになるほうがずっとましだわね。
でもね、それって「頑張れば」実現することなのかな・・・?(^_^)
リンゴ園のコンサートを良いと感じたのは、「がんばってる」からかな?
それなりにプロセスや努力があってのことだろうけど、最終的に心地よいと感じるのはむしろその後の力が抜けた部分だったりする・・・ってこともあるような気もするよ(^.^)

ということで、アーバン様に一票!

投稿: Junko | 2008年5月10日 (土) 21時21分

追伸

音楽が緊張してはいけないかというとそういうわけでもなく、
演奏者・聴衆、双方が正装して改まった雰囲気でクラシックを楽しむのもいいと思うし、
結婚式で名人のおじいちゃんが「たかさごや~」なんてやると場がピッと引き締まったりするよね。
音楽は場の空気を変える力があるってのがいいのかな。
そういうことできるのは音楽だけではないと思うけど、
外食産業はそこらへん上手で、
「おしゃれな雰囲気」のお店もあれば「和みたいから居酒屋」という店もちゃんとあって、お客さんが選べる。
ステージに出るだけで場がぱっと華やぐ歌い手さんがいるとしたら、
「今日は華やいだ気分になりたいからあの人の歌を聞きに行こう」なんていってお客さんが来てくれるのが一番いいよね。
今のところそういう状況にはないから、それを作っていこうと思ったらちょっと「頑張らないと」いけないかもね(^.^)

ということで、がんばる横前さんにも一票!

投稿: Junko | 2008年5月10日 (土) 22時07分

お2人ともお言葉ありがとうございます。
でもなんか伝わんなかったような気がする。
文才無いっすね、やっぱり。

しかしJunkoちゃんの中では、あたしはなんでそんな高飛車なイメージかね?
偉そうなのかなあ、改めます。

投稿: 横前 | 2008年5月11日 (日) 00時08分

タイム・イズ・マネー
酒を飲む時間
音を聞く時間
歌を楽しむ時間
みんな、時間の中でお金を得て
そして、時間に対してお金を払う。
自分もそんな時間の中で楽しめる
酒を目指しますね。
ミス・K様もそんな時間を楽しませる
歌をご提供ください。
自分もその時間を買いに行きます。

投稿: アロースター | 2008年5月11日 (日) 01時04分

たしかに。

世の中こんなに音が音楽が溢れているのに、音楽を楽しむこと自体少ないなとは感じますねえ。
演奏するのもそれを聞くのも等しく楽しいことだと思うんだけど。
やはりメディアなんだろか?とも思います。CDとかウェブとかテレビラジオ…いまや音が溢れているのはこれらがため。みんなそれですませてしまってる感じがします。録画録音てのはすばらしい技術なんだけど、ライブ演奏とは対極にあります。ライブのすばらしさに気づきにくい現代なのかも。まさに大昔はライブしかなかったんですもんね。

居酒屋に有線放送でなく生演奏を♪て感じ?
がんばりましょうねっ

投稿: あかほ | 2008年5月11日 (日) 11時04分

いやいや、横前が高飛車って意味で書いたんじゃないんだけど(^^ゞそう取れちゃったらごめんね(^^ゞ

投稿: Junko | 2008年5月11日 (日) 14時24分

アロースター様
自分が手にしているお金、時間をどう使うか・・・・。
形無きもの、形として残らないものにそれらを費やすかどうか・・。
そこら辺、難しいところですね。
でもせっかくなら、自分で満足行くように使いたいですね。

あかほさま
「作品」と「生もの」の違いがもっと明確になって知れ渡って欲しいです、ほんと。
そのためにも、われわれきっと、布教活動的なことをしていかなきゃならないんでしょうね、リスク負っても。

Junkoさま
確かにわたしゃ昔、
「井戸の中の蛙大海を知らず」でしたから・・・・。

投稿: 2-Dee | 2008年5月12日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/41156457

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋文化:

« でんわ | トップページ | マイブーム »