« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の12件の記事

2008年3月28日 (金)

サクラサク

わたしにはこんなにたくさんの家族がいつの間にかいたんだ・・・・。

昨夜の東京倶楽部、

早い時間から本当にたくさんの方が来てくださいました。

温かい言葉、拍手、ありがたいお餞別、

皆さんの「いってらっしゃい」の気持ちが、

本当に沁みました。



サクラサク「さくらの日」、

皆さんの笑顔が咲き乱れる

本当に素敵な夜でした。



感謝の気持ちを忘れずに旅し、

ニューヨコマエで、

再びお目にかかります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年3月27日 (木)

時間よ止まれ!その2

気がつけばあと一週間で空の上。

な~んにも用意が完了してない!

やばい!

う~~~~~~~~~、がるるるるる。


でも相変わらず毎日の中で皆さんとのプチさよならは続いていて、友人からも餞別をいただいたり、昨日も阿見さんに餞別をいただいたり、お別れの儀式ばかり。

しかし、

ニューオーリンズは、いかにニューオーリンズに溶け込めるかを楽しむ時間として、
ニューヨークはひたすら勉強のつもりで行きます。
先発隊からいろんな情報を聞き、いろんなすんばらしいワークショップのブッキングをしてもらい、毎日勉強で終わりそう。
ほんの一週間ちょいだし。
もうめっちゃ楽しみ!
あたし、歌ったら、何て言われるのかな。
けちょんけちょんかな、でもそれも嬉しいな。



気がつけばあと2回だ、このアメリカ旅行に出かける前に歌うのは。

明日(今日)が最も力の入る東京倶楽部、

もし飛行機が落ちても良いように、ニューオーリンズで拳銃で撃たれても良いように、
今、自分が歌いたい曲のみ歌います。
自分勝手でごめんなさい。

はかなきかな、いとしきかな、この命。

迷うことだけは無きよう・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月24日 (月)

福寿草

横前家の自慢の福寿草。

080323_160201 今は亡きおばあちゃんが大切にしてくれたおかげで、

中庭一面に咲いてます。

かつては新聞(地方紙)の記事にもなったこともありました。



この福寿草もタンポポと一緒、

太陽が出ている間だけ太陽のほうに向かって咲き、

太陽が見えなくなると早々に店じまいします。




この子は、夕方になっても1人、

閉じるタイミングを逸して意地だけでがんばって咲いていた、

がんこちゃんです。

・・・・・他人と思えない・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2008年3月22日 (土)

てなわけで帰省中

東京は桜が咲き出したというのに、日陰にはまだ雪が残っている実家に帰ってきた。

ひとたび今生の別れを告げに、両親に逢いに。

大げさですねbleah



夕ご飯は鍋を囲み、しこたま食べて飲んで、ボケの話になり脳トレの話になり、

途中から「動物(鳥、魚含む)の名前が出てくる歌合戦」になり、

順番に一曲づつ歌っていきました。

ルールは他の二人が両方知らなければアウト、固有名詞も可(ポチとか)、という単純なもの。

童謡中心でしたが、
3人で20曲以上、大合唱。

他のこと全てを忘れる一時でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年3月20日 (木)

六本木狂想曲

今日は再び六本木のピアノバー「Izumi」。

入店前に、海外でも使える&カメラ機能充実&ボイスレコーダー搭載の新携帯電話に機種変更しようと、auショップに行った。

3年半親しんだ携帯との別れは切ないが、今の私は前しか見ていない。

auは海外ローミングが出来る機種がごくごくわずかなので、海外の通話は諦めて(とりあえず)、カメラとボイスレコーダーが充実しているやつにした。

迷ったおかげで遅くなり、結構ぎりぎりにIzumiに入店。

休日前ってのも手伝って、お客様がたくさん来てくださいました。

最近は皆さんとの別れ際のあいさつも、
「気をつけて行っておいでね」「パワーアップした横前を見せてくれよ」と、
旅立ちムード一色。

新しい出会いや旧友との楽しい会話、応援、充実した気持ちで店を出ました。
少し、六本木好きになれるかな・・・なんて思いつつ。

今日は重い楽譜と着替えの入ったカバンやら、新しい携帯電話のパック、ただでさえ大荷物に加えてあいにくの雨rain

やっと終電ギリギリの時間に六本木駅に到着すると、都営大江戸線のホームに着いて初めて、
「人身事故による影響で、電車が大幅に遅れております」とのアナウンス!

ひえ~~~!

大幅に遅れた電車、やっと乗って大門駅、JR浜松町駅へ乗り換えのため大荷物を抱えて泣きそうになりながらダッシュするも、ホームに上がる階段で、頭上を終電が走り去る音。

途中(上野)まで行く電車を待つこと25分。

行けるところまで行ってタクシーを拾おうとしたが、今度はことごとく乗車拒否crying

女1人タクシーを拾おうとしても、近距離だっつって嫌われるんです!

半泣きになっていたところ、やっとベテランの素敵な運転手さんが拾ってくれて、

帰宅しました、1時40分sweat02

12時に店を出て、本当に長い旅だった・・・・・・・・。


六本木のせいではないですが、

六本木で仕事の後、こういう目にあうのは実は2回目。



よっぽど相性が悪いのかも・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年3月18日 (火)

着火

今日は湯島カスター。

何にも知らなかった私がJazzを勉強させてもらったところ。

ギターのつっちーと、ベースは初共演の海道雄高さん。

年度末で少ないお客さんながらも、もうすぐ渡米する私に会いに来てくれた皆様のおかげさまで、ほのぼの、湯島らしい夜でした。

海道さんも3月31日からドイツに2ヶ月弱行くらしい。

春は旅立ちの季節なんですね。


今年は桜観れるのかなあ。

だいぶあったかくなったから、ぎりぎり観れるかな。

急激な円高で、ドルを買いに行くタイミングを迷いつつ過ぎていく日々。

だいぶお尻に火が着いてきました。

今週末は「ちょっくらアメリカ行ってくる」と言ったら悲鳴をあげた

おかんとおとんに会いに行ってきます。

会える人には会える時にできるだけ会っておこう。


ま、こう考えるのは、

たわいもなく過ぎていく日々の中でも

意識しなければいけないことですね、しみじみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年3月12日 (水)

拍手!

ご存知かとは思うが、ここはエロサイトではない。

トラックバックがエロ物だらけだが、消すのが面倒なだけで、ここはエロサイトではない。



今日の衣装でワンピースを着るために、Tバックのパンツと網タイツという、とってもせくしーな取り合わせで出かけようとした。

出かける前にトイレに入ってパンツを下ろした。

・・・・いつもよりきつい、伸びない。

良く見ると、

穴を間違えていた。

一本だけ足を入れるべき穴に、

二本入れていた。




念を押すが、ここはエロサイトではない。

せくしーなはずのパンツと網タイツを、慌ててはきなおす無様な私は想像しないで、

ぶっとい足二本の侵入に耐えた、

けなげなTバックに拍手を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年3月11日 (火)

本当に消える年金記録

社会保険庁から「ねんきん特別便」ってのが届いた。

過去の年金の記録を確認してくださいというもの。




まだ十数年しか加入してない私ですら、漏れがあった。

一時期会社勤めをしていた時の厚生年金の分が抜けている。



社会保険事務所の専用ダイヤルに電話した。

数回トライした後つながった。

お姉さん、声が枯れてた。

後ろでも話し声がものすごくたくさん聞こえた。

すんなり照合できて(いろんな書類がとってあったから)、お姉さん、

「申し訳ありませんでした」。

だいぶお疲れのようだった。



ずさんな管理をした本人や、年金使い込んだ人達が、

我々に直接謝罪することはない。



いつも辛い思いをするのは窓口、フロントだ。



音楽のステージのフロントは、まだおいしいところがあるから良いですけど、

責任かぶるのは、

一緒です。



しかし恐るべし!消える年金記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月10日 (月)

お国柄

昨夜の千駄木Django、

またも外国人が現れた。Dvc00014_2


今度はポーランド人のお医者さん。

まあ流暢な英語で早口でいろいろ喋ってくれて、

聞き取るの、結構大変でした。

我々が知ってる「ポーランド」の事といったら、首都が「ワルシャワ」だってことくらい。(昨夜のベースの風早さんは、ショパンがポーランド人ってことを知ってた!)

だが彼はワルシャワの人でなく、確かグダニスクって所の出身らしいんだ。

「日本で東京と大阪が全く違うように、ワルシャワとグダニスクも全く違うんだ!」って熱くなってらした。

前回のアメリカの大学生さんたちとは違って、まあ早口だし良くお話になる。

聞き取るのが結構大変だったが、何とか会話は出来た。

しかしやっぱりアメリカ人とは違うのね、雰囲気からして。

当たり前か、日本人と韓国人と中国人、見た目一緒だし距離も近いけど、

全く違うもんね。

ヨーロッパも一括りにもしちゃいけないんだろな。

高貴でしたね、なんか。

プライドも高そうだし、

なんか、影があるというか、物憂げ。

大笑いもしない(笑うようなことが無かったからかもですが)。

うーん、でも個人差もあるんかな。



「1人で来たのに、話し相手になってくれてありがとう。英語で話が出来て嬉しかったよ。」と言ってくださいましたが、

最後、酔っ払ったマスターとちょっとした行き違いから気分を害し、

「疲れた」と言ってとぼとぼ帰っていかれました。

コミュニケーションは難しいけど、

世界は広いなぁ、おもしろいなぁ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 7日 (金)

六本木再考

物憂げにとぼとぼ歩く、知人(有識人)にばったり出会った。

「ここから見える六本木ヒルズのおかしな形を見ていると、『バベルの塔』さながら崩れ去る姿が想像でき、世界が終末に向かって進んでいることを感じないではいられない。」



今日はその「六本木」のピアノバー「Izumi」。

虚勢渦巻く六本木のほぼ真ん中にある店である。

こじんまりとした、良いピアノバーです。

出演者もすばらしい方ばかり。





ただ今日も、

六本木という街は、

白を黒だと言い張った者が生き残る街だと、

その黒だと言い張る人を「そうだそうだ」と囃し立てる人達が作り上げる街だと、

感じてしまいました。

昨日書いた様に、またまた婉曲表現しか出来ませんが、

多分あたしは一生、

六本木を好きになることは無いでしょう。


そうそう、

祝!50000アクセス突破!

皆々様ありがとうございます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年3月 6日 (木)

回想

このブログを始めたのが2005年8月。

かれこれ2年と7ヶ月、これが349個目の記事。

たまに読み直すとおもしろい、
当時の出来事や当時の自分の気持ちが思い出される。

アクセスももうすぐ5万、自分が1万アクセスしたとしても(してないよ!)、

ものすごいことだ、皆様本当にありがとうございます。


だがこの、誰でも読めるネット上には、本心を書けない、固有名詞は出せない。

随分歯痒い思いをしながら、良い子ちゃんのふりをしてきたところもあり、

不思議なものだ、ブログを書く横前恭子って人間が別にいるみたいだ。


ちっきしょ~~~!っと怒って呑んで酔って帰って家で暴れて壁に穴を開けたり押入れのふすま破いたりした時の、

怒りの理由など、書いたことはない。

あまりに無様でかっこ悪くて笑えない失敗は書いてない。

みじめなことも、書いてない。

肌色の絵の具で表情まで分からなくなるくらい化粧して、

常に爪先立ちのピンヒールを履き、

名も無いシンガー役の人間がそこにいる。

バカで無様で醜く年老いた「素」の自分を悟られないようにしながら。



今日、Am's Barの阿見さんに、最近のニューオーリンズの治安がとっても悪いという情報を聞いたと言われた。

かなり殺人事件が起こっているらしいとのこと。

怖ぇ~~~、ニューオーリンズは1人旅なのにsweat02



いや、絶対生きて帰りますよ。

死ぬために行くんじゃない。

死ぬために生きてるんじゃない。

架空のあたしと本物のあたしを、

一つにしなくちゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年3月 3日 (月)

I

三月、弥生。

草木がますます生い茂る季節の意。



ここしばらくこのパソコン、「I」のキーの感度が極端に鈍いsweat02

上の文章もさらっと打つと、

「くさkがますますおsげるkせつの」と出てくる。

お礼のメールを打とうとしても、さらっと打つと、

「あrがとうござまsた」になる。

良く見ないで変換してしまうとイラっとする。

同じ文章を何度も打ち直すこともある。

そんなに

「I」=「愛」に縁遠いのか、あたし・・・・

(この自虐ネタ、そろそろ笑えないから止めてくださいと怒られてます、最近。)




今日やっと都庁までパスポート取りに行ってきました。

ざパスポートがでkるとろんなくんkたくなりますって、

もううtなおすげんkもな sweat01

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »