« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の16件の記事

2007年7月31日 (火)

38%

もう、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

写真を変えました。

で、この写真、今話題の「顔ちぇき!」に送ったら、

「長谷川京子 38%」

と帰ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・似てねぇ。

っつうか、38%だからねぇ。

まあ、先日の「中村勘太郎 70%」よりは、

女性なだけ良しとするか。

| | コメント (8) | トラックバック (1)
|

2007年7月30日 (月)

蒲田 Bar Time

昨夜は蒲田駅近くのBar Timeというお店へ。

9月1日に出演は決まっているのですが、今日はピアノ袴塚さん、ベース松島さんのデュオに飛び入りしなさいという指令を受け、行ってまいりました。

袴塚さんも松島さんも超ベテランのすごい方。名の知れたシンガーの皆さんとたくさん共演している歌伴の名手です。

2ステージで、合わせて5曲歌わせていただいちゃいました。


とっても嬉しかったのは、松島さんに「ひょっとしてバークリー帰りとか?」と言われたこと!
なんの音楽教育も受けていないあたしにとっては、こんな嬉しい誤解はありません(笑)。

師匠もいない、楽譜の書き方云々も知らない、そんなあたしが長~い年月をかけて、
なんとか身につけてきたいろんなこと。
だからこそ余計な時間だってかかっているし、まだまだ知らないこともたくさんある。

ただ、人から教えてもらったら何とかなるって考え方は好きじゃない。
すごい人に弟子入りしたからなんとかなる、すごい学校出たからすごい、なんて甘い。

だが、残念ながら、そういう「経歴」でしか人を判断できない人は、たくさんいる。

だからこそみんな、有名な人に弟子入りし、有名な学校出るんだよね。

亜流より我流じゃ~~~~!(負け犬の遠吠えか。)



けど待てよ、「バークリー帰り」なんて感じてくれる人もいるならいっそ、

やってみようか、経歴詐称!

英語の発音でばれるか・・・・・・・・・・・・・;

| | コメント (0) | トラックバック (59)
|

2007年7月27日 (金)

Bridges

Bridges (Travessia)

I have crossed a thousand bridges
In my search for something real
There were great suspension bridges
Made of spiderwebs of steel

There were tiny wooden trestles
And there were bridges made of stone
I have always been a stranger
And I've always been alone

There's a bridge to tomorrow
There's a bridge from the past
There's a bridge made of sorrow
That I pray would not last

There's a bridge made of colors
In the sky high above
And I'm certain there must be
Bridges made out of love

I can see him in a distance
On the rivers of the shore
And his hands reach out in longing
As my own have done before

And I call across to tell him
Where I believe the bridge must lie
And I'll find it, yes I'll find it
If I search until I die

When the bridge is between us
We'll have nothing to fear
We will run through the sunlight
And you'll meet me halfway

There's a bridge made of colors
In the sky high above
And I'm certain there must be
Bridges made out of love.

本当にここに橋を架けられたなら

嘘つかなくて良いのにな

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

2007年7月26日 (木)

夜明け

本当に欲しいもののために

いったい何があきらめられるだろう



何かを失くしてもいいほど

それは本当に欲しいものなのだろうか




夜は明けたが




夜は明けるが

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月24日 (火)

衝撃の味

本日、とあるバーで、7月限定のカクテルをオーダーした。

「スイカのソルティードック」なるもの。

ソルティードックもスイカも好きな私は何のためらいも無く「これ」とオーダー。

来た、赤いショートカクテル。



飲んだ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
!!!
;;;;;

これは・・・;
カメムシの臭いだ!




スイカは良い。

ウォッカも良い。

だが、



混ぜちゃいけねぇ!







結論:

スイカは普通に食べるのがよろし。

もうすぐ梅雨も明けるもんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年7月21日 (土)

お誕生日おめでとう!!!

金曜日はいつもの銀座の「お尚とパトラ」。

今日は、いつも金曜日に共演している南雲麻美ちゃんのバースデイ(本当は19日)で、
おおいに盛り上がりました。

Nagumo 本当に、おばかでごめんね、麻美ちゃん。

写真を撮ってくれた笙子さんも、

「この顔はわざとなんだよね????」

と、心配してくださいました;

しかしケーキでかかったぁ。

一年分の甘味をいただいた気分です。




この世に出てきた記念の日って、

やっぱり、すごい。

おめでとう!南雲麻美ちゃん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年7月20日 (金)

惚れる人

今日は水道橋東京倶楽部。

ピアノはおなじみ村山としやさん、バイオリンに向島さん、ベースに今日は東京倶楽部で初共演の増根哲也さんを迎えて演奏しました。
お越しくださった皆々様ありがとうございました。


あたしが音で惚れる人ってのは、本当に、ジャズにももちろん精通してるけど、ジャズ以外の音楽も同じレベルで好きって人なんです、必ず。

音聞けば、分かるんですよね。

そして、あたしが音で惚れる人は必ず、

ものすごく、音楽に誠実です。



今日のメンバー、1人残らずそうでした。

改めて、一つ一つのステージに臨む気持ちの大事さを痛感しました。

まだまだ足りない。

あたしは・・・・・・・・・。



しかし永遠に、この空腹感がなくなることはないかもと思う今日この頃。





8月は2回出演します、東京倶楽部。

10日(金)岩崎良子トリオにゲスト出演
29日(水)横前恭子リーダーバンド

来てね~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007年7月19日 (木)

3万突破!

19日の東京倶楽部と、3万アクセス突破と、どっちが早いか、なんとなく見てましたが、

あっけなく、3万越してました、ありがとうございます。

もともと発想が貧乏くさい人間なので、3万とかいう数字が実感湧かないんですが、

すごく、

沁みました。

多くの人に見ていただいてるんだなと。



Fade Out だけはできませんね、かっこ悪くて。

もうちょっと、見ていてください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年7月18日 (水)

つぼ

どんな名曲でも、

出会う時を間違えると、名曲としばらく気がつかずに過ごしてしまうものだ。

また、

出会うときが良くてつぼにはまると、

そんなに知られてもいない曲が、

自分にとってかけがえの無い曲になったりもする。



しかし、数十年歌継がれて、演奏されている曲は、たいてい良い曲なんだけどね;

SAY IT  (Frank Loesser/Jimmy McHugh)

Say it
Over and over again
Over and over again
Never stop saying “you're mine”

Say it
Ever and ever so sweet
Ever and ever so sweet
Just like an old Valentine

When you say, "I love you"
The same old "I love you"
That they whisper in stories and plays
You can change "I love you"
The same old "I love you"
Into, oh, such a heavenly phrase

So say it
Softly and gently and then
Over and over again
Never stop saying “you're mine.”

うお~~~~!

切ねぇ~~~~~~っ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2007年7月16日 (月)

無理すんなよ・・・

健康診断の結果が来た。

血液検査の結果、

全て正常値の範囲!

・・・・・・・・・・いやあ、丈夫に産んでくれた両親に感謝するしかありませんね;

無理しなくていいのに、辛いときは辛いと、酷使するのは勘弁してくれと言っていいのに、

肝臓君。




でも実は最近妙な症状が。

朝、必ず蕁麻疹ができるんです。

何に反応してんのかな~~~。

でもきっとお酒に関係ある。

だって飲んだ量が多いと、次の日症状が激しいんだもの。

今日も晩酌後にちょっと痒くなった。

なんなんだろう~~。

知っている人がいたら情報ください。


あ、長野出身ということで今日の地震で心配してくださった方々、ありがとうございました。
我が家は大丈夫でした。

うわ、今も揺れてるよ、地震だ!

今回の地震の被災地の皆さん、お見舞い申しあげます。
一日も早く、復興すると良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年7月13日 (金)

負の感情の処理の仕方

負の感情・・・・・怒り、妬み、悲しみ、恨み・・・・

まあ、いろいろあるものでございます。

こういうのが知らず知らずのうちに自分の中に溜まってしまうと、
うまく自己処理できないと、

一人暴れたり泣きわめいたり、ひどくなるとこの世と別れてしまおうなんてことにもなりかねません。



今日、わたしは、今辛いこと、溜まっている憤りや妬みや怒りや悲しみや恨み、
つまりは醜すぎて人には決して言うことが出来ないが、
自分の足枷になっている自分の心のダークサイドを、
文字にしてみました。

箇条書きにしているうちに、不思議と、客観的に自分の感情を分析できました。

あれ、この憤りの原因はこれだけのことだっけ、とか、
あ、結局、怒る資格すらないんだ、とか。

で、その後、その感情をどうしたら亡くすことができるか、
それも箇条書きしてみました。

結構、シンプルでした。

経済的に即実行不可能なものももちろんあるのですが、
少しずつ、こなしていけそうでした。



その紙を見たとき、随分細々といろいろ書いてありましたが、

紙一枚ですむくらいのダークサイドなら、

まだ、先に行かせていただけると思いました。






負の感情は、自分だけでなく、周囲にも影響を与え、伝染します。

ものすごく元気で汚染されない陽、または真っ向から対決できる負を持っている人は良いけど、

あたしみたいなのは、こうでもしないと、伝染された感情で自分がやられてしまう。

自分が助けてあげなきゃ、誰も助けちゃくれねぇ。





また、

この言葉が使える気持ちになりました。

「それがどうした」。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年7月 9日 (月)

怒涛の2日間

6日金曜日 梅雨の中休み

いつもの銀座は「お尚とパトラ」。

このお店の金曜日のレギュラーはあたしとA.Saxの南雲麻美ちゃんである。麻美ちゃんは現在2人の師匠についている。1人は大森明さん、もう1人は多田誠司さん。まあ、どちらも日本のアルトサックス奏者のものすごい人。
で、この金曜日、多田さんが遊びに来てくれました!お尚とパトラに!
「070707_17330001.AMC」をダウンロード見られなかったらごめんなさい
いや、多田さんお尚さん麻美ちゃんの三管バップはすごかったです、っつうか多田さんホント、すごかったです(当たり前か)。
そりゃあもうお客さんも大喜びで、終わった後みんなで呑みに連れていってもらい、さらに呑み・・・・・・帰宅は7日朝7時15分でした。明るかった;眠れなかった;

7日土曜日 曇り でも空の上ではきっと織姫と彦星のランデブー

そして七夕の昨日、東船橋のcafe GROOVIN'へ。ここは2度目の出演。七夕の夜なので星にちなんだ曲などを中心に、皆さんおなじみの曲を集めました。
前回も来てくれたんだけど、ジャンベの潮さん、今回も参加してくださいました。そしてそのお子さんのマキちゃん、TDLの帰りらしく、TDLでもらってきた限定の短冊を、われわれメンバーに一枚ずつくれました!「おネエさんも早く良い人が見つかると良いね(お母様談)」と、なんとも泣けるメッセージと共に・・・・・。

さらに、あたしの「実は東京ディズニーランド、行ったことが無いんですよぅ。」という言葉に、その場の一同が凍りついたことは言うまでもありません。




そんなわけで、今、ネズミ型の短冊は、「結婚できますように。子供を産めますように。」という、なんとも切実で生々しいメッセージが託され、我が家の窓から夜空を見上げています。

マキちゃん、あたしがんばるっ(涙)!
Dsc03745_1 

| | コメント (0) | トラックバック (17)
|

2007年7月 5日 (木)

Misty終了

Mistyラストライブ、無事終了しました。

初めて出たときの衣装、初めて歌った歌、思い出の曲、など、

自分はものすごく盛り上がってたんですが、

共演の遠藤&うのコンビも熱い演奏で応えてくれましたが、





あっけないですね~。




咳き込むことも無く、心配だった喉のコンディションも嘘のように復活し(りゅうかくさまのおかげ)、無事歌いきりましたが、





あっけないですな~。





こんなふうに、終わっていくものなんでしょうな、何もかも。

長い間お世話になりました、Mistyちゃん!

| | コメント (3) | トラックバック (3)
|

2007年7月 4日 (水)

りゅうかくさま

あなたの存在を、忘れていました、りゅうかくさま。

今日、3ヶ月ぶりくらいに再会しました。

あなたはすごい!

あなたを服してから咳が出ない!

いくら大量に服しても副作用の無いあなただから、あたしも安心して、大盛りで2杯、いっちゃうんですけど・・・。

咳さえ出なけりゃ、この喉の炎症も治まっていくこと間違いなし。

ああ、あなたの存在を、もっと早く思い出すべきでした。

「龍角散」なんて軽く呼べません、

「りゅうかくさま」、あなたはすごい!

070704_01240001_1



あなたのおかげで、明日からまたがんばれる!

うりゃっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年7月 3日 (火)

ほげぇ

咳が止まらん。

気管がゴロゴロなる咳が止まらん。

ステロイドの吸入は、あまりにひどい喉になるから止めちゃった;

だから余計に咳が止まらん;

喉から血が出るほど、ゲロが出るほど咳き込んで、

止まんないよ、もう3週間。

仕事で徹夜もあるが、そうでない時はいたわっているつもりだ、体。




何故だ、なんで、

自由に歌わせてくれんのじゃ!




あんたはいつもそうだ。

肝心なときに自由に歌わせてくれない。



ないがしろにしていたのも否めないが、

あんただって、あたしの一部じゃんか、

一緒に楽しもうよ、がんばろうよ、



同じように見えても全部違うし、

まして、

二度と無い、大切なステージにのぞむならさ。




でも

それでも

ぶざまでも

あたしはもう、

歌う曲まで決めてあんだよ。



だから、

歌えなかったら、あんたら許さない。

明日までに、治れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年7月 1日 (日)

一つのことを終える瞬間

まだジャズってものが、今以上に分かっていなかった頃・・・・・・。


自分の知識、力量、情熱、何をとってもJazzとは程遠いところにいた頃、とにかく発表の場、歌う場所が欲しかった。

本当に何にも知らなかったのだが。



そんな中、唯一ライブを月に一度やらせてくれることになった西麻布「Misty」。

いろんな人と共演した。
いろんな人に見てもらった。
先月はわが人生初の「坊主」の経験。
しかし数回は、お客さんでいっぱいになったこともあった(ほんと、数回)。
まだブログもユニットのサイトも持っていなかった頃、MistyのHPを見て、昔の知り合いが連絡をくれたこともあった。
気管支炎で熱を出しながら、ものすごい声で歌ったこともあった。

ライブ形式のお店では、3者がハッピーでないといけない。
「お客さん」「演奏者」「お店」。

だから、さようならを決めました。

2003年11月7日に出演しだして3年8ヶ月。
Misty、いよいよ最後のライブです。

7月4日水曜日、Mistyで一番多く共演した、大好きなメンバーと、最後を締めくくりたいと思い ます。
ピアノ:遠藤征志
ベース:うのしょうじ
歌:横前恭子
1st 20:00~20:40
2nd 21:20~22:00
3rd 22:40~23:20
Music Charge 1000/ステージ

気負わずゆったり、そして感謝を込めて、
最後の一曲まで歌います。

たとえ自分がどんなコンディションであろうが・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »