« なんとなく | トップページ | お尚とパトラ »

2007年5月24日 (木)

チョウゲン坊の1コマ

数ヶ月に一度出演している、蕨駅前の居酒屋「チョウゲン坊」。

ここはお店のスタッフも気づかいが最高だし、お客さんもフレンドリーだし、賄いは美味しいしお酒の種類もたくさんあるし家は近いし・・・・・・と、私の大のお気に入りのお店。

今日はそのお店の、お世話になっている社長さんのリクエストにお答えして、アランフェス協奏曲をJAZZ風にアレンジした曲、「Follow Me」にチャレンジ。

数日前から伊藤君子さんの演奏やクロードチアリ(!)の演奏などいろいろ参考にしつつ、私なりにコードを拾い、楽譜を起こして行き、本番前にみんなで打ち合わせ。

だが、

やっぱ、楽譜、わっかんね~~~!!

駄馬の私は音楽教育をまともに受けたことが無いので(高校の授業までです)、
シンプルなものならさすがになんとかできるようになりましたが、
元がクラシックのこの曲、人によってアレンジもめちゃめちゃ違うので、
何がなんだかまとめきれないで持って行ったもんだから、
本番前、ギターの土屋君とベースの林さんと四苦八苦。

最終的には伊藤君子さんのアレンジを2人に聞いてもらい確認する始末、トホホ。

もちろん2人の手にかかれば本番はばっちりきちんとまとまり、
この居酒屋トリオのレパートリーがまた増えたね、なんて喜んでいました。

苦手なことは一個一個克服。

今は英語の発音とコード進行の理論が目の前の壁。

こいつら超えていかないと、
「自信」ってヤツに逢えないのです。

最終的には、今日もお客さんやお店からおいしいお酒をごちそうになりつつ、なんとか空気もほぐれ、楽しいひと時でした!皆々様ありがとうございました。

なかなか絵になってます。
”ベーシスト 林正男さん ギターでメロディーを確認するの図”
(次回居酒屋トリオ、チョウゲン坊 9月26日水曜日出演!)
Ca250068

|
|

« なんとなく | トップページ | お尚とパトラ »

コメント

分かります、痛いほど分かります。
私は、この譜面の他にダイヤトニックに悩まされ続けました。
「演奏していてもちっとも楽しくない」そう!いつ間違えるか「きがきじゃない」のだった。
そんな訳でアウト、アヴァンギャルド、自由の世界にはまっていったのです。
であるからして「シングアローン」も「シングアロング」も未対応です。 だから?

投稿: アーバンな俺 | 2007年5月24日 (木) 09時12分

あたしも
「right」と「light」がなんだか一緒、
おまけに差し歯を詰めすぎて、「TH」がうまく言えません。
たまに「S」まで舌噛んじゃう。

単にバカなだけか・・・・。

投稿: 2-Dee | 2007年5月26日 (土) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/15181306

この記事へのトラックバック一覧です: チョウゲン坊の1コマ:

» 短期バイト 豆知識 [短期バイト 情報館]
[続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 15時35分

« なんとなく | トップページ | お尚とパトラ »