« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の15件の記事

2007年4月28日 (土)

WATERLINE

今日は天王洲アイルのWATERLINEにて初舞台。

川の上に浮かぶ素敵なバーで、川をバックにサックストリオと演奏しました。




何でしょうか、私は大きな水のあつまり、無条件に好きです。
川とか海とか湖とか池とか噴水とか。
この素敵なシチュエーション、しかもお店のスタッフの方が美形の素敵な方ばかり、
家が近かったら毎日寄っちゃいますね(笑)。070427_23170001_1
バラード歌ってたら後ろを屋形船が通って行くのが見えて、
それがまたなんとも良い味出してました。

素敵な雰囲気の写真を撮ったつもりが、
ちょっと暗くてわかりにくかったのが残念!






お客様にビールをいっぱいご馳走していただき、
調子に乗ってたら終電に乗りそこね、
家の遠いベースの藤田さんに大回りして田端まで送っていただき、
お礼に田端駅前のラーメン屋で1時半にラーメンを食べ、

現在、消化待ちです・・・・・。

着られるドレスが減っていく・・・・・・;

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年4月26日 (木)

セルフケア

今日は1日、
歯医者→岩盤浴→ライブ鑑賞とまさに自分のために過ごしたセルフケアデイ。

痛みも伴ったけど、本当に気持ちよかった~~。



ライブ鑑賞は、先月たまたま知り合ったピアノの扇谷ケントさんが出たライブを見に、
青山の「ONGAKUSHITU」というところに行きました。
http://www.ongakushitsu.jp/

良いハコでした。
こじんまりとした、白を基調にした明るい空間、
美味しいおつまみ、リーズナブルな価格のお酒、
感じの良い店の人、おまけにスタンプカードまであり(笑)。

音楽は今日のリーダーであるギタリスト、大橋勇さんのオリジナルがほとんど、インスト、っていうかフュージョンです。

正直、久しく遠ざかっていたジャンル、岩盤浴後にお酒飲んで聞いたら寝ちゃうか?と思ったけど、
とんでもない!めちゃめちゃファンキーでグルーヴィーで面白かった!

よく最近自分がJAZZを歌うとき、
「なるべくみんなが知っている曲をやろう」なんて選曲したりするんですが、
知らない曲でも充分楽しめるんですよね。
日本語だの英語だの、歌がいなくても、楽しめるんです。
そう、ここにはJAZZのハコにいらっしゃるおじ様たちは皆無です。

若い、女性中心の客層です。

あたしがもし彼女たちの前で演奏できたら、
果たして彼女たちはどう感じるんだろうか。





ステージ間にケントさんと少し話をしたとき、過去の、共通の知り合いの話なんかしちゃったりして、
あたしの時間はそこで終わってるのかと、
セカンドステージ見ながら、えらく恥ずかしくなりました。
なぜならそこには、若干22歳の、超ご機嫌ベーシストのはちきれんばかりのプレイがあったのです。
ベースフェチのあたしはもう釘付け。
これから活躍が楽しみなAKIRAさん。

今も、これからも楽しみな彼。

遠い過去でしか、今の人と話せない自分。




ずっと、繰り返してきた言葉をまた思い出して、

背筋伸ばそうと思います。

「大切なのは足跡じゃなくて 足そのもの」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年4月25日 (水)

雨だ

前も書いたが、雨は嫌いじゃない。

野外のイベントの時は確かに雨は厄介だが、
突然空中を、何千リットルもの水が宙に舞う様は、なかなか壮観である。

体の7割が水分である私ら、

そして表面積の7割が水で覆われてる地球、

雨を見ると、この星の生物だって、改めて思い知らされる。



かつて流した涙、

かつて流した汗、

巡り巡って、今天から降っている。

そう思うと、

「おかえり」と

言いたくなる。

「また、違う形で逢えたのが嬉しいよ」

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年4月23日 (月)

演劇鑑賞

昨日は演劇鑑賞。

ここ数年応援している、’猫のホテル’という劇団の「苦労人」って芝居を見た。


070423_00140001

演劇鑑賞なんて全く縁の無かった私。

中学生の頃の学園祭、演劇部の、歌あり踊りあり、もっのすごいくさい芝居を見て以来、かなり苦手意識が強かった。

が、芝居も本当にいろんなのがあるんですね。

猫のホテルはいつも、必ず笑わしてくれるし、
劇団員同士のアドリブとかがまた良いんだ。
唾しぶきを飛ばしながら思いっきり言うセリフも良いし、
体当たりの演技もスカッとする。

お互いの信頼感が、絶大なんだ。
ピン芸人の自分には、そこがとってもうらやましかった。

ときには難解なストーリーもあるんだけど、昨日は今までの中でも一番後味がすっきりとしたいい芝居だった。

たまに劇団員の皆さんをテレビで見かけると、なんだか自分の事のように嬉しい。

みんな、がんばってらっしゃる。



昔お世話になった世田谷線のターミナル、三軒茶屋のシアタートラムでその芝居を見た後、
キャロットタワーの展望台に上りました。

このせせこましい東京って街には、

いろんな人の思いが宙に漂ってる。

Ca250060















そしてこの後、見に行った友人たちとしこたま飲んでいろいろ談義し、飲み、語り、飲み、

平らな道路で転びました;

両膝左肘打撲。

「負けた・・・・。」とつぶやいたそうです、私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年4月21日 (土)

宝飾品

なぜだろか、今日、起きてから、なんだかジュエリーケースをガサガサ。

昨夜デビューした、今年の年初に母から「入院中、帰省していてくれたおかげで働けなかったお詫び」ということでいただいたお金で買ったダイヤのピアスを収納すべく、
だったはずが、
気がつけば中に入っているものを片っ端から開け、
中身を確認していただけ。

圧倒的に多かったのが、
父からもらった旅のお土産の宝飾品。

父、あたしがピアスの穴を開けていることに気付いているのかいないのか、
イヤリングばかりである;。

父にしてみれば、娘がピアスの穴を開けてるかどうかなんてどうでもいいんだろう。

自分が、あげたい気持ち。

母に買うこともなく、姉に買うこともなく、
こういう職業をしている末娘を心配しつつ、
どこかで恋人に贈り物をするようなドキドキ感も味わいつつ、
いつも、照れながら、これらを渡してくれた父の顔が浮かぶ。

正直、決して趣味の良い宝飾品達ではない。

が、父の気持ちを汲んで、できるだけ、身につけるようにしようと思った。



でもね、

あたし自身が、

あなたたちからの賜物なんだよね。

いつも、一緒に、

いないはずがないのよ。




だけど、お父さん、

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月20日 (金)

サマータイム

昨夜の東京倶楽部、またたくさんのいろんな方にお越し頂きありがとうございました。

ライブ終了後の宴セッション2時まで;

わたしゃちょっと前まで寝てましたが;

皆さん朝からバリバリはたらいてらっしゃるんですよね・・・、尊敬、脱帽、陳謝!



1人サマータイム決行中ですみません。

‘Mr.サマータ~イム ♪‘

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年4月19日 (木)

明日(もう今日ですが)は東京倶楽部。

最近の東京倶楽部はネットで映像の配信をしてません。


明日も仕込み満載でお届けします。

ピアノはおなじみ村山としやさん、ベースは初共演の川本悠自さん、

ライブの醍醐味と仕込みネタのすべりっぷり;

是非生でお見逃し無く!

http://www.tokyo-club.com/schedule/

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年4月16日 (月)

再会

昼下がり、一本の電話がかかってきた。
相手は田端駅の駅員さん。「紛失された定期券が出てきました」と。

さかのぼること二年前、当時アルバイトしていた白金台で定期券を紛失した。
その一週間前にも定期券を電車内で落とし、埼玉まで引き取りに行った矢先のこと。
期限はわずかだったのであきらめもついたが、定期入れは大切な友人からもらったものだったので、二度繰り返した失態にかなりショックを受けたし必死で探していた。

だが、見つからなかった。

よっぽど、定期入れに嫌われたんだなと思った。

結局新しく定期券は購入、今度は財布に入れて持ち歩くことに。
期限はとっくに切れたが、入金して’SUICA’として持ち歩く毎日、それ以降紛失することもなし。



だから、電話を受けて、本当に驚いた。

誰の手を経てか、2年間流浪しまた帰ってきてくれるなんて・・・、感慨深い。

出かけるついでに駅の事務室で書類にサインして受け取った。

残念ながら、一番帰ってきて欲しかった定期入れは一緒ではなかった。




家に帰り、感激もひとしお、さて、今持っているやつと記念撮影しよう、なんて財布をガサガサ。

ガサガサ・・・・・・・

無い。

あ、この定期まさか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・;

一昨日、朝までの仕事明けでへろへろになって帰ってきたとき、
チャージの残金が足りなくて清算したよな、

その時取り忘れた定期券だ!


そうです、2年間の流浪の民ではなかったのです。

持ち主に紛失したことにすら気付いてもらえなかった、

哀れな迷子だったのです!




感動の後で、爆笑、

でもまたちゃんと帰ってきたこの迷子が

なんだかけなげで、かわいく思えました。



ちなみに盗られることも無かったこの定期君の期限は
「平成18年5月5日まで」。

期限切れでもらいてが無かったのね。

ますます同情&共感(涙)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年4月13日 (金)

菜の花

最近、電車の窓から外を眺めていると、菜の花の群集を目にすることが多い。
黄色い花の群集を見ると、なぜか顔がほころぶ。
菜の花やタンポポ、山吹なんかもそうだ、大好きな花たち。



大学の卒業旅行、私は高知県へ一週間の一人旅に出かけた。

テーマが「日本最後の清流、四万十川をたどろう」。

一週間、全く1人、
春からは就職が控えていたが、(一度就職したことあります、ハイ)、
どこへ行っても、
今までの自由気ままな学生生活との決別、迷いながらの就職と、
心はすっきりしないまま、ぶらぶらしていた。

旅の最後のほう、当時の中村市に泊、四万十川の河口に近い宿に泊まった。

昼下がり、四万十川を見に行くと、広い川岸、両岸に、
一面、菜の花が咲いていた。

ただ、

黄色く、

数万の菜の花が咲いていた。


宿にチェックインするまでの何時間か、

私は菜の花の中にいた。

持っていたスケッチブックに、いっぱいいっぱい言葉を書いた。

菜の花の強さと可愛さに、

ただただ次から次へと浮かぶ言葉を書いては、

涙をぼろぼろ流していた。

確かなことは、悲しくて泣いていたわけではないということ。



あれから十数年経つ今も、菜の花を見ると思う。

「キイロイ キイロイ ナノハナハ キイロイ

 チイサイ チイサイ アタシハ チイサイ

 イロイロアッテ イイジャナイカ

 イツカチルノニ カワリナシ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年4月12日 (木)

有言実行

あたしは、「不言実行」より「有言実行」のほうが好きだ。

言わずに密かに努力してってのも素敵だが、

言って、意思を明らかにして、本当にそれを貫くってのはカッコいい。



無責任なことは言ってくれるな。

その度に、

あなたの言葉は、痩せていくんだ。




言い訳しない潔さをもって日々生きていたら、

誰もが少なからず共感できる。

結果の良し悪しじゃないでしょう。

結果は、

我々が創りだすものだから。



だから、

カッコ悪い「言い訳」は、

我々の存在自体を否定するんだよ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

2007年4月11日 (水)

激写失敗

今日は銀座のAmi's Bar。

六時半前の並木通りを歩いていると、前を着物の女性が歩いていました。

どこぞのママさんでしょう。

着物がきれ・・・・・??あれ?

帯をしてません。

なんと、着付け途中です!




着物に関してはちょっとうるさい横前です、

この無様な恰好に思わず息を飲み、

携帯のカメラで撮ろうと思いました。



が!やっぱり気付かれました(涙)。

キッっと睨まれ、適当にごまかしAmi's Barのビルに入りました。




でもさ、

着物着たいだけじゃなくて、

頼むからきちんと着て。



あんたのために創られた着物だとしたら、

あまりにかわいそうだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2007年4月 9日 (月)

全世界おっかさん化計画

もう10年近く前だろうか、ある音楽雑誌の記事の見出しがこのタイトルだった。

記事の主人公は、あのMADONNA。

’彼女はいろんなことを次から次へとしでかして、
全世界に許してもらおうと思っている、
つまりは全世界を「おっかさん」にしてしまおうと思っているかのようだ’と。

なんでこんなことをふと思い出したかというと、

なんかあたしもどこかでそう思ってんじゃないかなって気がしたのだ。

やれ「風邪の菌が腹に入ってたいへんだった~」とか

「なんだか寂しいわ~」みたいに、

一方的にネットに向かって思ってることを吐き出し、

読んでもらって満足しているな、いかんな最近。




かつて、私の歌声を、

「誰かのお母さんじゃなくて、普遍的なお母さんを感じる」

といってくださった希少な方がいた。

そうだよ、全世界のおっかさんにならなきゃいかんのだ~!

心配してもらってる場合じゃない!




・・・・・だが、言ってもらったのは10年前、まだLove Jのコーラスで、

美しいファルセットのスキャットをしていた頃の話。

今の声じゃ

「下町のおっかさん」が似合うかも。

・・・・・・・・・・・・ま、そこから始めるってことで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2007年4月 7日 (土)

爆発!

昨夜のちょっと切ないブログを書いた後、

ついに起こりました、いや怒りました、私の体、大爆発です;

※食事中の方はご遠慮ください。





日、月、水と朝まで呑み。

昨日1日中胃腸の不快感に悩まされましたが、お酒も断ち、今日こそ寝ようと、ブログ更新後さっさと床に就きました。

1時間も寝たでしょうか、いきなり激しい腹痛に襲われトイレに駆け込み大噴火(下からです)!

その後、15分から20分間隔に襲ってくる激しい腹痛と噴火が朝まで続き、

眠りたいのに眠ってられない・・・。

後半なんてほぼ透明な液体しか出ないのにまだまだ続く噴火。

マラリアの時よりよっぽどひどい。

っつうか、人間の体の70%が水分って本当だよな、

こんなに出してもまだ出てくるなんて、このまま干からびちゃうのかな・・・。

まさか流行おくれのノロじゃないよな・・・;

眠れない分、痛むお腹を抱えていろいろ考えました。



病院が開くのを待って駆け込むと、

「あ~、風邪の菌がお腹に入っちゃいましたねぇ。」とのこと。

先生、そんなにあっさり言われると、あたしの昨夜の苦しみが・・・・(涙)。

とにかく下痢止めと腹痛止めを処方してもらいすぐ服用、

徐々に症状も治まりました。




おそらく胃腸の反乱です。

「お前がへらへら飲んで楽しくなってるときに、俺らはサービス残業ばっかり朝までやってんだぞ!
休ませろ!」ってことでしょう。

本当、反省してます。

養生します、しばらく・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007年4月 6日 (金)

コメント

「君が好きだった」と言われることほど

悲しいことは無い



だったらその時に

もっと伝えてくれればよかったのに



しかも

過去形じゃないか


| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年4月 3日 (火)

4月

新しい年度の始まり。

心なしか街の景色も電車の中も、なんだかぎこちないフレッシュが漂っている。



たくさんの期待とたくさんの希望、夢を抱えた景色。



その中で今日もあたしゃ腹ペコだ。


フレッシャーズを目の前に、「がんばれよ~」なんて微笑みながら、

心の中でこんな歌を繰り返す。

"And I'll find it, yes I'll find it If I search until I die" (♪Bridges)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »