« 王子 荒とよ | トップページ | なぞだらけ »

2007年1月25日 (木)

日本語考 その壱

来週の東京倶楽部で何を歌うか、昨日の夜いろいろ考えた。

また日本語の曲やりたいなと思って、いろいろ考えた。

いやらしく、通好みな物や、昔好きだった曲、みんな知ってる曲、その場で簡単にできそうなもの・・・・・などなど。

今までは先に歌いたい曲が浮かんでいたのでそれをやったのだが、今回はちょっと考えた。

何があたしらしいだろう。選曲であたしらしさを出すには・・・・・。






ここは日本なのに、ホテルとか、中にはJAZZのライブハウスでも日本語の曲がNGな場所がある。

日本語だと雰囲気が崩れるって?会話の邪魔だって?

つまり、そういうことを掲げる場所での音楽のあり方は、「BGM」なんだ。

雰囲気作りの背景であって、前面に出ちゃいけない。

無難に心地よければ良い。耳についちゃいけない。

「芸人」でなく「職人」。

「職人」に徹するときも、もちろん横前恭子のままなんですが。

じゃあ、「職人」でなく「芸人」としてパフォーマンスできる、音楽を聴くために足を運んでくれる人の集まる場所では、せめて「耳につく」「何言ってるかすぐわかる」日本語の曲も堂々とやりましょうよ。

言葉にはすごい説得力があるんだ。

だから、なにを選曲するかも、自己表現だったりするんです。

オリジナルを歌わない限り。





夜中までiTune Music Storeで試聴しまくり、結局、数曲日本語の曲をダウンロードしました。

寝る前に聞いてたら、一言一言が沁みて、眠れなくなっちゃった。

言葉の力を改めて痛感。




てなわけで、歌うことに決めた曲が何かは、30日のお楽しみです。

|
|

« 王子 荒とよ | トップページ | なぞだらけ »

コメント

歌う喜びや楽しさは、聞く人の喜びや楽しさになるものですね。30日、楽しんで歌ってください。

お酒できますよ。
少し前に、流行った“夏子の酒”でしたっけ?
あんなもんじゃないです。
れっきとした“恭子の酒”です。
控えめに…期待しててください。

投稿: アロースター | 2007年1月25日 (木) 02時43分

アロさま
おー、ついにお酒できるんですね、すごいな~。
派手に楽しみです。

しかし忙しいでしょうが、睡眠も大事ですよ;
お体は大切に・・・・。

投稿: 2-Dee | 2007年1月25日 (木) 10時17分

私、いつかこの流れで聞かせてくれる人が出てこないものかと切望しております。 自分でやろうかとも思いました。
In Love In Vain~リンゴ追分 絶対に腹にきます。
どうでしょう?

投稿: アーバンな俺 | 2007年1月25日 (木) 10時58分

アーバン様
どっちも大曲ですね。
なんかぱっと結びつかないけど、できそう。
ちなみに、私の知人でスターダストとりんご追分をくっつけてやる人がいて、あまりの関連無さに疑問を感じたことがあります。
30日やる曲はかなりベタです。
良かったら静岡で、ネット中継で見てみてください。

投稿: 2-Dee | 2007年1月26日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/13648710

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語考 その壱:

« 王子 荒とよ | トップページ | なぞだらけ »