« 晩秋の名月 | トップページ | アレルギー »

2006年11月 7日 (火)

父と娘

てなわけで、しばらく長野の田舎に引っ込んでいます。

日常の喧騒から離れて、でも心はずっと走りっぱなしで、何日までに何曲レパートリー増やそうとか、まあ四苦八苦、あっという間に時間も過ぎて行きます。

そういうわけで今は、母が病院に収容されているので、父と毎日2人きりです。

けっこう照れます。父親と娘ってのは。

しかも普段居ない娘がいるもんだから、やたらと父がこちらに向いているのが感じられて、照れくさくもあり、うっとうしくもあり・・・・。

やたらと「送ってくれ」だの「迎えに来てくれ」だの「これで何か(料理を)作ってくれ」だの、おかんのために帰ってきているのか、おとんのために帰ってきているのか、いつもわからなくなります(本当は自分のためなんですけどね;)。

でも、今日は、昼間、東京の仕事絡みでおもしろくないことがあって、夕食のときに父に愚痴ってしまいました。

で、驚いたんですね、うちのおとん、聞き上手なんですわ。

いつも接している人たち、自分の事言うだけ言って、人の話を聞けない人が多い。

「おとん最近ぼけ始めてんじゃないの?」なんて言われてたおとんが、

ちゃんと親身になって話を聞いてくれて、ちゃんとそれに関して冷静に返してくれる、そんな些細なやり取り。

なんだかうれしくなって、ありがたくって、

こんなふうに2人で過ごす時って、この先どれだけあるんだろうと思ったら苦しくなって、

「とうさん、花札やろうよ!」って誘ったら、

「ごめん、今日は寝る」とあっさり断られて、

これがまた気を遣わないですむ父娘だからこそかなと、

1人、酒をあおってます、結局;

|
|

« 晩秋の名月 | トップページ | アレルギー »

コメント

俺んちには、娘が三人いる。長女は、嫁に行かないと言う。
パパが可哀相だからだって。
横前が嫁に行かないのは、やっぱり同じ理由だったりするのか?

俺にも責任転嫁して欲しくない時が、やってくるのか?
その年で嫁に行かない娘を持つ、お前のお父さんが
ちょっとうらやましいぞ。

投稿: アーバンな俺 | 2006年11月 8日 (水) 08時43分

あ~~~~~、
あたしが嫁に行かないのは、そう、家族のためです。
そういうことにしておいてください(涙)。

姉ちゃんは結婚してて孫はいるし、自由が利いてたまに居るから楽しい娘もいる、ってとこで、そこそこ幸せだと思いますよ、とうちゃん。

アーバンさんも泣くんでしょうか、娘さんの結婚式・・・・・ぷぷぷ♪

投稿: 2-Dee | 2006年11月 8日 (水) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/12595659

この記事へのトラックバック一覧です: 父と娘:

« 晩秋の名月 | トップページ | アレルギー »