« ポンコツ楽器 | トップページ | 母の手 »

2006年11月25日 (土)

飯田線

今日、再び長野に帰ってきた。

今日は訳あって新宿から母の入院している病院へ直接行き、帰りは電車で帰った。

飯田線という、ちょ~ローカル線。061125_16360001

私も高校生の頃、お世話になった飯田線。

当時から既に3分の2の駅は無人駅、ダイヤは1時間に1本、もちろん単線という、鉄道マニアにはたまらない(が、とっても不便な)ものすごいヤツだ。

乗るのはいつ以来だろうか、10年以上は軽く経つ。いや、久しぶり。

予定時刻の8分も前に駅に着いたが、もう電車がいてびっくりした。
土曜の夕方4時だというのに車内はガラガラ。
「ゲタ電」と言われるその車両内は、地方の電車特有の向かい合わせの4人のボックス席。
当然余裕で占領してしまった。

発車時刻が来て、おごそかな雰囲気で電車が動き出した。061125_16270001

加速やら減速やら、やたらとゆったりしてんの。
「旅」ってかんじです、まさしく。

各駅の周辺は多少お店やら建物やら変化はあったけど、
車窓の景色そのものはまるで20年前と変わらない気がした。

電車に手を振っている子供たちとかいて、ほのぼの。

と、ガラガラなので携帯で写真撮りまくりました。

さて、この飯田線、061125_16010001_1
今のような寒冷期になると、ドアが半自動になります。
半自動って分かります?
駅に止まるとドアのロックだけ解除されるんです。
つまり自分でドアを開けて乗り降りするの。
何分も止まる駅があるくせにドア全開じゃ寒いっすから~!

一生に1度くらい、経験する価値ありますよ、飯田線。

ただし、短気な方はおやめください。

|
|

« ポンコツ楽器 | トップページ | 母の手 »

コメント

憧れです、飯田線。長野県出身の方が、ずっとうらやましかったです。思えば高校のときの修学旅行で長野の女子高生をナンパしたときからです。すんごいカワイカッタ。女の子と紅葉がきれいな長野。結婚式も軽井沢で挙げました。
まぁお前も結構可愛いよ。

投稿: アーバンな俺 | 2006年11月26日 (日) 02時38分

う~~~~~ん、なぜだろう、
最後の1フレーズが、てきとーに感じるのは。

長野広いです。たまに来るには良いとこですね。
来年は長野ツアーするんだ!
静岡も寄るね~~。
門前払いしないでね~~;

投稿: 2-Dee | 2006年11月26日 (日) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/12823183

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線:

« ポンコツ楽器 | トップページ | 母の手 »