« 飯田市にて | トップページ | ポンコツ楽器 »

2006年11月22日 (水)

12年の〆に

前、なんかの日記にも書いたんですが、今年は蠍座にとって「12年に1度のラッキーな年」なんだそうだ。

いや、正確には「だった」そうだ。

その期間は間もなく、蠍座の期間が終わるとともに終わる。あと2日。

良い年だったといえば確かにそうだし、でも失ったものも有るので、何とも言えない。

で、最後に何かしようと思って、今日は前から気になっていたライブハウス、青山の「月見ル君想フ」に、前から気になっていたバンド、復活中の「ピラニアンズ」が出るということで、長野から1日早く引き上げ、見に行ってきた。

ピアニカ前田さん率いるピラニアンズ、ギターは塚本功、ベースは長山雄治、ドラムが坂田学という豪華な面々。

塚本君はLove☆J時代、同じレーベルにいたことやライブも何度か共演していた縁で、塚本君のソロライブでゲストで歌わせてもらったこともあった。そのころから、「コーラスに甘んじてないで、なんか自分でやりなよ」と、いっぱいいっぱい励ましてもらっていた。しかしそれ以来。坂田君は10月の下北以来。



予想通り、良い会場だった。そんなに広くは無いが、ステージのバックには大きな満月が悠々と在った。生ビールもチケットとセットの500円のわりに大盛りで良心的♪(やっぱそこかいっ!)

で、ピラニアンズも良いバンドだった。スタンダードやボサノバ、サンバ、オリジナル、最近の私が良く関わる音楽と近くて、なんか嬉しかった。やっぱ良いわ、こっちの世界。しかも若い人が多い会場、みんなとっても楽しそうに音楽観てる。
これって、すごく大事なこと。

ずっと、こういう場所から離れていた。

とりあえず歌っていることで満足して日々が過ぎていくことに、焦りもあったがすぐに忘れた。

とりあえず収入があることで音楽やっているつもりになっていた。

最もなりたくない、「職業シンガー」に、甘んじていた。

ということに気付いている以上、打破せねば。次の場所へ。




12年の〆に、そして新たな12年に向けて決意も固くした時、

ピラニアンズ作の「おきあがりこぼし」がアンコールのときにそれぞれメンバーから撒かれた。

塚本君の投げた「塚本こぼし」が、まっすぐあたしのところに飛んできた。

しっかり、キャッチした。

で、周囲の人とこぼしを集めて記念撮影。

061121_22120001 前田さん、塚本君、

前田さん、坂田君、(長山さんのが無い;)

|
|

« 飯田市にて | トップページ | ポンコツ楽器 »

コメント

12年に一度のラッキーな年だったんですね。私も蠍座なんですよね~。知らなかったですけど、まぁまぁ、いい年でした。今年は丁度モーツァルト生誕250年だったし、ちょっと嬉しい鴨です(笑)。
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございました☆

投稿: 16号 | 2006年11月22日 (水) 12時20分

え~~~、16号さんも蠍座だったんですか、毒無さそうなのに・・・(笑)。
お誕生日いつだったんでしょうか、私も遅ればせながら、
おめでとうございました!

投稿: 2-Dee | 2006年11月22日 (水) 13時25分

月見ル君想フいいハコですよね。
自分は一番後ろのPA 並びのテーブルのある場所で見るのが好きで自分で勝手に指定席と呼んでます(笑
あそこは出演者にまかないが出るらしくそれが結構美味いらしいですよ。


歌い手さんには歌い手さんの色々な葛藤があるんですね。
ファンとして恭子さんの更なる進化を見続けますよー。(笑

投稿: 桃色スパニスト | 2006年11月23日 (木) 00時01分

桃色さん、ありがとうございます。
良いハコですね、見やすかったです。
とてもリラックスして見られました。
次はまかない食べる側で行きます!

投稿: 2-Dee | 2006年11月23日 (木) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/12776324

この記事へのトラックバック一覧です: 12年の〆に:

« 飯田市にて | トップページ | ポンコツ楽器 »