« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の12件の記事

2006年10月29日 (日)

うちのおかんのビフォー&アフター

第一回目、右足膝取替え手術入院前日の写真。

Before_2












そして、明日、左足膝取替え手術入院前に記念写真。

After_1













2ヵ月後には両足にケロイドが入った写真になっちゃうね。

まあ、ミニスカート着る歳でもないしね、普通に歩けるようになって、

いろんなところ、旅行できるほうが、よっぽど嬉しいよね。

30年以上、この病気と付き合ってきていろんな苦しい思いをしてきた本人以外、

自分の膝をあえて人工関節に変えるという気持ちは、本当には理解できないでしょう。

手術がうまくいくと良いね。

痛みが少ないと良いね。

元気になったら、どこか行こう。

がんばって貯金でもしておくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月28日 (土)

ダンサー・イン・ザ・バス

火曜日、母が左足の膝を人工関節に変える手術をする。

しばらく長野の実家と行ったり来たりの生活が続く。

今日は入院前の母を励ましに、実家に帰ってきている。

実家への移動手段は、時間もお金も節約できる「高速バス」。
このバスってヤツ、隣の席の人次第で、3時間半の旅が快適にも不快にもなる。

今日は、坊主頭でダポパンの、いかにもヒップ・ホップが好きそーな若者が「隣の人」だった。

彼のイヤホンからは大音量のヒップ・ホップが漏れてくる。

嫌いじゃないけど、あんまり良い気はしないので、私は私でiPodを取り出して、音楽を聴きだした。

隣の人、しきりに何か書いてる。

そして、めちゃめちゃのりのり。ってか、めっちゃ踊っている。

手元を覗いたら、どうもダンスの振り付けをメモっているらしい。

ダンサーか。

彼の頭の中には大音量のヒップホップが鳴っていて、彼は頭の中でめちゃめちゃ踊り狂っているのだろう。

で、わずか50センチほどの距離で、私の頭の中にはWild Magnoliasのセカンドラインがガンガン鳴り、気分はNew Orleans。

・・・・・この2人の頭の中を映像化して想像したら、かなり笑えた。

楽しい旅をサンキュー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月26日 (木)

170

今日、ご無沙汰していた方々と、ボーリングして、呑んだ。

今までの私の最高スコアは「168」。

今日、生まれて初めて、ストライクを4回続けて出した!。

で、最終成績は「170」。

今なら何でも出来る気がする。

こんな些細な事が、嬉しい毎日です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年10月24日 (火)

感謝

時間の隙間を感じさせない会話。

そういうときに思う。

この人は、会わなければいけない人だったんだ。

そして、その人にとって自分もそうであって欲しいと思う。



想い方の弱いものは離れていく。

想い方の強いものが離れていくはずなど無い。

あたしがどれだけのことが出来るかは分からないが、

あなた方に出会えた感謝を、フィードバックする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月23日 (月)

dubdub on-seng

今日は下北沢で温泉に浸かってきました。

といってもお風呂ではなく、「dubdub on-seng」というユニットのライブを見てきたのです。

このユニット、ギターの田中’ダブマロニクス’康彦(芸名のパターンがいっぱいあって本当が分からん)と、ドラムの坂田学(Ex.Polaris)の2人組みが、デジタル・エフェクトを駆使して、自由に音楽を紡ぎだすという素敵なユニット。
http://www2.odn.ne.jp/dubdub_on-seng/index.html

実はこのお2人、かつて同じバンド(Dr.TOSH? & Love J)でどさ回りをしていた旧友なのです。

この夏、久しぶりにマロンちゃん(G)から連絡もらって、やっと都合が合って行けたのが今日のライブ。

実に6、7年ぶりの再会。


今日のライブを見に行くにあたって、昨夜は実は1人もんもんと家呑み。
きっと彼らはすごいことになっているんだろうな、
それに比べてあたしは・・・進んでいるようで止まっているようで、彼らに会わなかった年月でいったい何をしてきたのだろうと。

昼の12時30分スタートのライブは二日酔いが回復するにはあまりに早く、今の自分で話が出来るだろうかと足取りも重く、痛い頭を抱えて出かけました。

しかし、そんな私の想いを、dubdub on-sengのやわらかく自由な音と、変わらない二人の暖かさがやんわりほぐしてくれました。

本当に温泉に浸かったように、身も心もすっと楽にしてくれました。

音楽って、本当にすごい。

それが好きでやってきたんだから、
自分で決めて歩んできた道のりだから、
誰と比べるでもなく、創っていこう。


別れ際にマーブ(坂田氏)が握手をしながら一言、

「会えてよかった」って言ってくれて、

すんごい嬉しくて、胸張って帰って来ました。

2人にはいっぱい良いものもらっちゃったから、

今度はお返ししないとね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年10月21日 (土)

鶏五目おこわおにぎり

今日は「お尚&パトラ」。

共演させていただいたのは、日本ジャズ界の重鎮ベーシスト、「ゴンさん」こと水橋孝さん。
ゴンさんは月に一度、お尚&パトラに来て演奏してくださる。
その縁でわたしもいろいろお世話になっている。

ゴンさんはいわゆる「ボーヤ」と呼ばれる若い男の子(って言ってももちろん20代よ)に、車の運転と楽器運びをしてもらっている。かなりの短髪をきれいな色に染めている美形の青年「くわのくん」。

いつも演奏曲をメモしたり、熱心に聴いている姿が好印象なので、時間が有るときはかまって遊んでいる(遊んでもらっている?)。



今日はぴちぴちの衣装を着たのと超満員で忙しかったのとで、夕飯を食べられずに演奏が始まった。

1ステージ目の自分の歌を終えて、居場所無さげにしているくわのくんのところに行って、
「いやー、歌ってたらお腹鳴っちゃったよ~!」なんて言って、笑ってもらっていた。

ふと、くわのくんがいつの間にか外出していたようで、
帰ってくるなり「これどうぞ。」って、何かをポケットから取り出してくれた。

「鶏五目おこわ」のおにぎり。

近所のコンビニで買ってきてくれたんだ。

感動。

彼の優しさと、おにぎりの美味しさに、ほんと、胸があったかくなった。

とりあえず超満員の対応に早く戻らなければならないので、ありがたく、そしていそいでかぶりついた。

「なんか硬い鶏肉だなぁ、・・・・・・あ。」

現在歯の治療中の私の口の中は左しか使用禁止。
それを忘れてほうばった’もち米’のおこわは、
仮の被せ物を取り去るには恰好の食べ物。
もちろん、治療中の歯には超特大の穴。

悪いのは治療中の歯を使った私なのです、くわのくん、ほんと感謝してるよ、ご馳走様!

彼の優しさを無にしないように、

月曜日まで絶食します。

期せずして断食ダイエットじゃ;

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2006年10月18日 (水)

片思い

今日は2ヶ月に一度の東京倶楽部、しかもスペシャルライブでした。

気合充分、企画ばっちり練習がっつりで臨んだはずが、

玉砕&自滅そしてまた玉砕。

もちろん、豪華共演メンバーの皆様はすんばらしかったのです、

非の打ち所の無いほど・・・・・・。

今日という日があって良かった。



そして独り祭りの後、酒の力も手伝ってか、なんだか涙が止まんなくて。

音楽との間も、人間との間も、常に片思いなんですね。

せめて、命あるうちに見つけたいもんです。

もう、動かなくて良い場所。

それが、あなたのそばであって欲しい。

永遠の片思いだともちろん知っています。

でも、あなた方のそばが良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月16日 (月)

新兵器

か~~~わ~~~いい~~~!061016_00100001

一目惚れして鳴らしてみて、音も良かったので即購入した新兵器。

おもちゃじゃありません。

れっきとしたパーカッションメーカーが作ってる「楽器」です。

「セクシャル・バイオレット・ラブラブタンバリン・No.1」。

うーーーーん、長すぎか、もうちょっと熟考します;



17日火曜日のライブで初登場します。
この2ヶ月、待ち望んだライブ。
http://www.tokyo-club.com/

そしてスペシャルゲストに、わがユニット「テンポ」の相方、
向島ゆり子氏が登場!!

う~~~~~ん、すんごい夜だ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2006年10月12日 (木)

試練

明日は銀座のAmi's Barでライブ。

前回のライブ(6月)は、前日のバドミントンで半月板損傷、痛い膝を抱えてのライブであった;

そして明日を控えて今日、
おやつにカステラを食べたら奥歯のかぶせ物がボロっととれた;

今日の夕食はおかゆ。

なのにかぶせ物をとった鋭利な歯の先っちょで、
舌と口内の壁に次々と傷がつき、口内炎がいっぱい!

痛くて喋れない・・・。歌なんて・・・・ぞっとする。

近所の腕利きの歯医者さん、お・・・・・・・っと明日「休業」。



まあライブ前に毎度毎度いろいろある。

この試練は何をあたしに言おうとしているんだ?

思い当たるのは「歯~磨けよっ!」ってとこしかないが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月10日 (火)

近所の国の将軍様

あなたを見てると

自分が同じ人間でいることが悲しくなります

育ち方が同じならば

あたしも そうなっちゃったんでしょうか



・・・・無意味な「たられば」ですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月 6日 (金)

神無月

その昔、出雲の国に神様が集まるから「神無月」と命名された10月。

神様って・・・・・・誰でしょ。

いろんなところに神様がいて、

いろんな宗教に、ありがたいことに勧誘してくださる人々がいるのですが・・・・・。






わたしは、

やっぱり、

この胸の奥の、

ちっちゃい頃から徐々に大きくなってきている神さんしか信じられません。

この人、10月でもいなくなんないんです。

あたしと一心同体だから。

そして、いろんな人の性格を吸収しています。

この神さん、かなりの多重人格です。

そしてこの神さん、

最強です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月 2日 (月)

昇華

061002_02540001_1 今日はこのイベントに参加して来ました。

13年ぶりに、ジャニスの曲を歌いました。

5年ぶりにタンバリンダンスをしました。

息が上がって死にそうでした;



時の流れを感じるとともに、

今居る場所を知った気がします。



しかし、没後36年経っても多くの人の心を動かし続けるなんて、

あんたやっぱ、すげぇな~。

あんたを知って人生変わったあたしも本望だよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »