« 歩 | トップページ | いやだ »

2006年4月 3日 (月)

桃の節句

週末を利用して、入院中の母の見舞い兼父の身の回りの世話に、長野の実家に帰った。

東京じゃもう桜吹雪が吹いているというのに、私の実家の周りは今、梅が花盛り。
桜のつぼみはうっすらと色づいた程度だ。
うちのいなかでは、今日(4月3日)を桃の節句というところもあるらしい。

今日、東京に帰る前に、母の病院に寄った。

二日前、だいぶ元気そうになって安心していたのだが、今日はまた38度の熱が出てしまい、しんどそうだった。

なのに、
「今日は桃の節句だから、お昼ごはんにちらし寿司と桜餅をくれたよ。
 はい、おみやげ。バスの中で食べな。」
と、桜餅を手渡された。

しばらくは父も交えて話をしていたのだが、
出発しなければならない時間が来た。

母は立ち上がって、「遠いところをごめんね、体に気をつけてね。」と、
点滴の管が抜けそうなくらいのところまで見送りに来てくれた。

私はこみ上げるものをぐっとこらえて、
「病気に負けちゃダメだよ!がんばってね!」
と言って笑うのが精一杯だった。

東風吹かば にほいおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ
060403_11450001

|
|

« 歩 | トップページ | いやだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134005/9412520

この記事へのトラックバック一覧です: 桃の節句:

« 歩 | トップページ | いやだ »